The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
近藤良平
近藤良平(Ryohei Kondo)
1968年生まれ。ペルー、チリ、アルゼンチン育ち。1994年に山崎広太作品にメインダンサーとして抜擢され、バニョレ国際振付コンクール本選に出場以来、笠井叡、木佐貫邦子などの作品にも出演。96年にダンスカンパニー「コンドルズ」を旗揚げし、全作品の構成・映像・振付を手がける。コンドルズのメンバーは、ユニークなキャラを持つ男性のみ、舞台衣裳は中学・高校生の制服である「学ラン」で結成当時から話題に。ハイスピードなシーン展開と、ダンス、映像、生演奏、人形劇、コントなどを自在に使いこなすバラエティ豊かなステージングで大人気となる。国内のダンスカンパニーとしては群を抜いた動員力で全国ツアーを行い、海外でもアメリカや東アジアでツアーを敢行している。
■コンドルズ 公式ウェブサイト
http://www.condors.jp/

pdf
an overview
Artist Interview
2005.5.17
Talking with Ryohei Kondo, leader of the highly popular all-male dance group Condors  
男ばかりの超人気ダンスグループコンドルズを率いる近藤良平に聞く  
現在の日本のコンテンポラリーダンスには、舞踏の流れを汲むもの、クラッシックバレエの流れを汲むもの、大学のダンスサークルなどを出発点にして共同作業的なアプローチを特徴とするもの、そのいずれにも属さず、オリジナルな身体表現を追求するものなど、いくつかの流れがある。近藤良平率いるコンドルズは、ダンスサークル系の流れを代表するグループだ。学生時代に出会った独特のキャラクターをもつ仲間たちが、共同作業的なアプローチにより、ダンス、コント、映像、音楽をミックスした身体表現と娯楽性を兼ね備えたステージを体当たりでつくりだし、コンテンポラリーダンスを娯楽として楽しむ若い観客層を開拓した。海外にも積極的に進出しているコンドルズについて、また、ダンサー・振付家としての外部活動について、近藤良平に聞いた。
(聞き手:塩谷陽子)


僕がダンスを始めたのは、二十歳の大学生の時です。横浜国立大学の教育学部に在籍していたのですが、必修科目の「一般教養」の中に「創作ダンス」の授業があり、そこでダンスと出会いました。踊ったら周りの人たちに「いいじゃない」と誉められて、大学の創作ダンス部に誘われたので入部しました。普通大学のダンス部だから、いわゆる「モダンダンス」をやる女の子しかいない。それで間違って入部しちゃったのかもしれないですね(笑)。

――二十歳という遅い年齢で始めて、あそこまで身体が動いて踊れるようになるのですね。バーレッスンのような基礎トレーニングから始めたのですか?
ええ。大学のクラブの他にも習いに行って、バレエもモダンダンスも両方やっていました。

――毎日毎日、踊ってばかり?
いやそういうのではなくて。ちょっと言葉は悪いですが、いわゆる「ダンスバカ」ではなかったので、バンド活動もやってました。僕は「楽器フェチ」というくらい楽器が好きで、本当にいろいろな楽器をいじっていました。南米に住んでいたことがあるので南米の楽器とか。とにかくいろいろやっていた中のひとつがダンスでした。
そんな風にしてダンスと出会ったわけですが、当時、88、89年ぐらいに横浜の(神奈川県民ホールのダンス部門のプログラミングを手がける)佐藤まいみさんが──もちろんそのころはただの学生で、佐藤さんのこともまったく知りませんでしたが──ローザスなどのコンテンポラリーダンスのカンパニーを海外から招聘していた。そういうダンスが来日し始めた時代だったんですね。大学が横浜だから、しょっちゅう観に行っていました。ピナ・バウシュの『カーネーション』とか、ジョルジュ・ドンも「アルゼンチン出身だしなぁ」なんて思いながら初めて観た。
学生にとってはチケットが高いのでそれほどたくさんは観に行けませんでしたが、でも、何しろびっくりした。「ダンスってこんなにいろんなものがあるんだ」って。つまり、ダンスのことを何も知らないままダンス部に入って踊り始めたけど、「踊る」ことと同時に「創る」ということにも出会ったわけです。おかげで、「踊る」ことと「創る」ことが、僕の中ではまったく同等のモチベーションとして芽生えた。

――大学のダンス部が女の子ばかりだったのなら、そのころの近藤さんの「創る」ものは、女の子ばかりを材料にしていたのですか? いまのコンドルズは「男ばかり」というグループですが?
いや、大学でも女の子と踊っていたわけではないんです。
コンドルズのメンバーは、みんな僕みたいに「大学で初めてダンスと出会った」「大学で間違ってダンスを始めた(笑)」というヤツばかり。その仲間が出会ったのが、その頃ちょうど始まった「神戸高校・大学ダンス・フェスティバル」(女子体育連盟が主催しているダンスの祭典)です。参加者はみな大学単位で参加するのですが、男は人数が少ないから、所属大学に関係なくみんなひとつの楽屋で一緒になる。
全国津々浦々のダンスをやっている男連中がすぐに知り合いになり、しかも、「ずっと前からバレエをやっていました」というヤツはひとりもいない。ストリートダンスも出てきてはいたけど、そういうのを熱心にやって身体を使っていたわけでもない(ストリート系は僕らよりもう少し下の世代)。何しろ「たまたま大学でダンスに目覚めた」という人間ばかり。しかも「目覚めた」からと言ってそれに没頭するのでもない。あの頃の日本では、まだまだダンスは「女の子の世界」という感じでしたから。「神戸高校・大学ダンス・フェスティバル」も女子体育連盟が始めたわけですし(笑)。でも僕の仲間たちは、そういう女の子たちとダンスを創りたいと思っていたわけではなく、ダンスをやってはいるけど、それだけに特化するのではなく、それぞれ自分の方法で何らかの“表現”をしたいと思っていた「表現系」のやつらだったんです。ダンスというものに対するアプローチが、まわりとまったく違っていた。特に「関東舞踊大会」みたいに関東圏内だけで集まるような大会があると、世界も狭いし、男も少ないし、団結するじゃないですか。そうやって、大学の単位を越えて、活動するようになっていきました。

――当時の日本の環境から言えば、大学4年生になったとたんに「就職活動」に躍起になるのが普通だと思います。「就職しろ」というプレッシャーを親からかけられたのではないですか?
それはもう、言われましたよ(笑)。自分自身、大学に入る前までは、いわゆる「中の上」の家庭に育ったごく普通の日本人の感覚・価値観の少年でした。でも大学にいる間にすごく変化したんだと思います。身近にいる大学の友人たちのことを面白いとは感じなくなって、でもダンスの大会に行くとあいつらがいて、めちゃくちゃ面白くて。「こいつらは誰もマトモな就職なんかしないだろうな」みたいな感じで(笑)。
その上、大学を休学して「ヨーロッパ放浪の旅」をしたことで、さらにだいぶ狂いました(笑)。出かける前はちょうど日本がバブル経済の真っ盛りで、バイトだけでいくらでも稼ぐことができた。貯めた金で放浪の旅をしたわけですが、就職なんてものをまともにしなくても、自分は──別段ダンスという意味でなくても──健康で体も効くし、お金が稼げて食べていければいいか、みたいな気持ちでした。若い時というのはそんなものかもしれませんが、1年放浪して日本に帰ってきてみたら、完全にバブルが崩壊していた。アルバイト先の事務所も、軒並み潰れていました。1年でこんなに変わるものなんだと、すごく驚いた。それならそれで、堂々と自分のやりたいことをやる道を選んで、大手をふって創りたいもの創って生きてゆく、そういう路線の代表格になってやれと決意しました。
 
| 1 | 2 | 3 |
NEXT
TOP