The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
勅使川原三郎
撮影:Bengt Wanselius
勅使川原三郎(てしがわら・さぶろう)
クラシックバレエを学んだ後、1981年より独自の創作活動を開始。85年、宮田佳と共にKARASを結成し、既存のダンスの枠組みではとらえられない新しい表現を追及。類まれな造形感覚を持って舞台美術、照明デザイン、衣装、音楽構成も自ら手掛ける。光・音・空気・身体によって空間を質的に変化させ創造される、かつてない独創的な舞台作品は、ダンス界にとどまらず、あらゆるアートシーンに衝撃を与えるとともに高く評価され、国内のみならず欧米他、諸外国の主要なフェスティバルおよび劇場の招きにより多数の公演を行う。

自身のソロ作品、KARASとのグループ作品創作の他にも、パリオペラ座バレエ団、フランクフルトバレエ団、ネザーランド・ダンス・シアター I 、バイエルン国立歌劇場バレエ団、ジュネーブバレエなどヨーロッパの一流バレエ団からの依頼で作品を創作。

造形美術家としても、日本、ドイツ、フランス、オーストリアでインスタレーション作品が紹介され、93〜94年には映像作品『T-CITY』、『KESHIOKO』、『N-EVER PARA-DICE』を製作。2006年には『A Tale Of』がロンドンのICA(Institute of Contemporary Arts)において上映され、好評を得た。

ダンス教育に関しても独自の理念をもち、KARAS創設以前より継続してワークショップを行い、現在に至るまで国内外で若手ダンサーの育成に力を注ぐ。1995年にロンドンで1年間におよぶ若者のための教育プロジェクトS.T.E.P.(Saburo Teshigawara Education Project)を設立。1999〜2000年にはS.T.E.P.2000を発足しロンドンとヘルシンキの共同企画公演『Flower Eyes』へと展開した。その他、ローレックス メントー&プロトジェ アートプログラムのメントー(指導者)を委託され、1年間(04〜05年)にわたり若手芸術家育成支援事業に関わる(www.rolexmentorprotege.com)。06年度からは立教大学 現代心理学部 映像身体学科の専任教授に就任。08年4月に、新国立劇場・富山市オーバードホール・まつもと市民芸術館の3館で10代のダンサー達と共に創作した『空気のダンス』を上演。教育現場における新世代との創造活動にも意欲を注いでいる。

KARAS
http://www.st-karas.com/index1.html


佐藤まいみ
ダンス/舞台芸術プロデューサー。1993年より2005年まで神奈川芸術文化財団/コンテンポラリー アーツ シリーズ プロデューサーを務める。05年4月より埼玉県芸術文化振興財団ダンス部門プロデューサーに就任、現在に至る。
『空気のダンス』
撮影:鹿摩隆司/新国立劇場/2008年
空気のダンス
空気のダンス
pdf
an overview
Artist Interview
2008.8.29
dance
The continuing expansion of the world of Saburo Teshigawara, an artist who has already left a big footprint in contemporary dance  
世界のコンテンポラリーダンスを変えた 勅使川原の広がり続ける世界とは?  
1986年、バニョレ国際振付コンクールで衝撃的なデビューを果たした勅使川原三郎。「崩れては起き上がる」という動きをモチーフにした作品『風の尖端』で、勅使川原が従来の形式的なテクニックによらない新たな身体表現のあり方を世界に認めさせて以来、日本では自らの身体に向き合うコンテンポラリーダンスが大きなムーブメントになっている。振り付けだけでなく、音楽・照明・美術など五感に入るものすべてを自らプランニングする作品は世界で高く評価され、主宰するKARASで各国フェスティバル公演等を行うほか、近年では、盲目の青年とのワークショップによりつくりあげた『LUMINOUS』、日本の中高校生とのワークショップによりつくりあげた『空気のダンス』や映像インスタレーション作品を発表するなど、その自在さは目を見張るばかりだ。「芸術は保守的に停滞してはならない」という勅使川原に、これまでの歩みを含めて近況を聞いた。
(聞き手:佐藤まいみ)



──近年は映像作品や大学での指導など、勅使川原さんの活動の幅は大きく広がっています。まずは、現在、行っているプロジェクトについてお聞かせください。
 ちょうど、上海eARTSフェスティバル(上海電子芸術祭)で展示する3Dの映像インスタレーション作品のための映像をシドニーで撮影して帰ってきたばかりです。スクリーンを6角形に組んで、6方向から同時撮影した3D映像を流します。通常、僕らは客席に対してパフォーマンスしますが、この映像インスタレーションでは、観客はダンサーの周囲をぐるっと回りながら全方向から観ることができる。しかも3Dなので、別の意味でリアルな世界を体験することができます。ちなみに、今年の横浜トリエンナーレにはこれとは別のインスタレーションで参加します。
 それから、もちろんKARASの公演もやっていて、6月のモンペリエのフェスティバルでは、現在世界ツアー中の『MIROKU』を上演しました。その後すぐにスウェーデンに飛び、映像作品を撮影しました。2007年に亡くなった映画監督のイングマール・ベルイマンが住んでいた小さな島に行ったのですが、カメラマンのBengt Wanseliusさんが、ベルイマンがこの島の光を気に入っていたから一度おいでよと誘ってくださったんです。本当に光が素晴らしくて、ここで佐東利穂子が踊ったのを撮影しました。これは自主製作で、Wanseliusさんが撮影を担当し、僕は監督をしました。
 フェスティバルでは、ミラノ市内の数カ所の劇場で1カ月にわたって行われる「ミラネジアーナ(La Milanesiana)」にも昨年に続き参加しました。これは、小説家の朗読と音楽とか、映像と音楽とかがコラボレーションしたりする文学、映像、音楽のフェスティバルです。フィリップ・グラス、ローリー・アンダーソン、ウンベルト・エーコ、ルー・リードら、実に多彩なメンバーが集まります。昨年はミラノのスカラ座で『Black Water』を上演しました。『The Blackwater Lightship』という作品を発表しているアイルランドの作家のコルム・トビン(Colm Toibin)と一緒で、彼は僕の公演の前に朗読をしました。

──2008年8月9、10日には、勅使川原さんのスタジオがある東京・亀戸で初めての公演『36のダンス変奏曲集〜正しい姿勢』を行いました。
 一度地元でやりたいと思っていました。これは僕も出ましたし、『空気のダンス』に出ていた少年少女も出演しました。位置付けとしては勉強会に近いですね。これからこれとは別にスタジオ・パフォーマンスをもっとやっていきたいと思っています。実験的なことをやりたくて、その出発点になります。

──立教大学で指導されるようになりましたが、どのような授業をされているのですか?
 大学では現代心理学部映像身体学科の専任教授として講義を行なっています。僕の経験からくる理論を話したり、ワークショップをしたりしています。講義には、映像に興味をもっている学生と、演劇やダンスに興味をもっている学生の両方がいますが、どちらかというと映像系が多いですね。
 例えば「身体表現史」という授業では、自分の身体とは何か? 自分の身体が何を感じているか? など「身体」について考えさせています。考えることも、身体も一生付き合うものです。つまり表現以前のこととして、「身体」を研究するわけです。身体への向かい方や僕がいつも言っている「呼吸」について徹底的に考察します。身体という視点から映像を見ようとか、身体という視点からビジュアルに対しての感覚を養おうとか。最終的な表現方法を何にするかというのは、具体的な技術の問題であり、技術の習得には時間が掛かるので、若い人たちには「慌てるな、まずは自分の感覚を磨こう、視点をもとう」と話しています。少なくともその時々で自分の意見は自分の言葉ではっきり言おうとも話します。なので、レポートはかなり書かせていますね。

──振付家、美術家という区別なく、勅使川原さんは作品をトータルにクリエイトされています。
 あくまで僕の個性だと思います。経験的に言うと、ある表現に辿り着く方法、本来自分が興味をもっていた目的・対象に近づくための方法を発見する仕方や、そのための視点を得るには、一直線に進むだけじゃなくて、違うアプローチがあってもいいのではないかと思っています。
 僕のことでいえば、バレエを真剣にやっているうちに、本来最も興味があった視覚表現について自覚できるようになったとか。でもそれは、「視覚的な欲求」を通してその向こう側にある、自分が欲している何かしらの感覚、人間のもっと深い部分に関して探究心をもっていたということが後になってわかったのですが。いずれにしても、身体的なものも映像的なものも、人間のもっと深い部分への関わり方を追求し、それを強く鮮明に感じられるということは僕にとって大きな喜びです。
 
| 1 | 2 | 3 | 4 |
NEXT
TOP