The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
梅田宏明
梅田宏明(うめだ・ひろあき)
1977年東京生まれ。 2000年より創作活動を開始し、「S20」を発足。2002年に発表した『while going to a condition』がフランスのRencontres Choregraphiques Internationalsのディレクターであるアニタ・マチュー氏により、「若くて有望な振付家の誕生である」と評価され、同フェスティバルで公演。2003年にカナダ・モントリオールで『Finore』、2004年にブラジル・リオデジャネイロで『Duo』、フィリップ・ドゥクフレのスタジオでのレジデンスの後、2007年にフランスのシャイヨー国立劇場との共同制作である『Accumulated Layout』を発表。ベルギーのクンステン・フェスティバル・デザール、ロンドンのバービカン・シアター、ローマのRomeEurope Festival、パリのポンピドゥーセンターなどヨーロッパを中心に世界各地の主要フェスティバル・劇場に招聘されている。自身の作品では振付・ダンスのみならず映像・音・照明デザインまで担当し、「振付家、ダンサーというよりVisual ArtistでありMoverである」と評価され、ダンス以外の分野からも受け入れられている。
http://www.hiroakiumeda.com/
pdf
an overview
Artist Interview
2009.9.9
dance
Installations of the body and light  The art of Hiroaki Umeda  
身体と光のインスタレーション 梅田宏明の作法  
自らデザインした映像・音楽・照明のデータが入ったノートブック・パソコン1台と自分の身体だけ──そのコンパクトなスタイルで世界に飛び出したビジュアル・アーティスト&パフォーマーの梅田宏明。2002年に横浜ダンスコレクションRで注目されて以来、空間の中央で即興的に動く身体、光(映像)、音が織りなすまるで美術のインスタレーションのような美しさで世界のダンス関係者に好感を持って迎えられてきた。日本のITバブルを牽引したベンチャービジネスの若手起業家と同世代のアーティストであり、パソコンをパートナーにした梅田の世界に迫る。
(聞き手:石井達朗)



写真から飛び出したダンス

──ダンスにはいつ頃からどういうきっかけで関心をもち始めたのですか。大学時代は写真を専攻されていたと聞きましたが……。
 父が報道写真家だったことと、森山大道のモノクロ写真が好きだったので、写真をやってみたいと思いました。でもどうも気に入らなくて、1年ぐらいで止めました。写真を撮っている間は(撮影者になっている間は)、自分が一度その環境から外れなくちゃいけないという感覚があって、それが面白くなかった。もっとリアルタイムで(一体となって)表現する方法はないかと思ってトライしていたのですが、あまり上手くいかなくて。それで別の表現方法を探している時にダンスというものがあると知って、じゃあやってみようかと思いました。
 ダンスについては全く知らなかったので、その当時やっていたものは一通りみました。勅使川原三郎さん、岩下徹さん、山崎広太さん、田中泯さん、マース・カニングハムとか。ワークショップにも出ましたが、正直言って、あまり面白くなかった。ダンサーの体ではなかったとか、知識がなかったということもありますが、自分ならもう少し違うものがつくれるような気がした。自惚れていたわけではなくて、自分が観たい踊り、自分がつくりたいものが明確にあったんじゃないかと思います。

──スポーツなども含めて、それまでに何か身体を動かすことをやった経験はありましたか。
 中学・高校のクラブ活動で10年ぐらいサッカーをやっていました。

──その後、舞踊関連のワークショップを受けるようになってからは、どのようなものに参加しましたか。
 コンテンポラリーダンスだと、勅使川原さんとか山崎さんですね。それから舞踊評論家の長谷川六さんが主宰していたダンスの学校「PAS」でヒップホップ、バレエ、ジャズダンス、アフリカンダンス、パントマイムなんかもいろいろ試しました。その結果、僕が求めているものは、やっぱりここにはないということがわかり、1年でレッスンは全部止めました。僕はダンサーになりたいのではなく、作品をつくりたいんだと自覚しました。

──じゃあ、すぐに作品をつくり始めた?
とりあえずやってみようと思って、2000年に八王子の小屋を借りて1時間ほどのソロ公演をやりました。今思うとつまらない作品でしたが、その時、ダンスというのは音響や照明などのためにすごく人件費が必要ということに気付いた。それなら、パソコンを使って全部ひとりでやろうと、IT関連の会社でバイトをしながら、独学でスキルを身に付けました。僕らの世代は誰でも気軽にパソコンを使うようになった最初の世代なので、それほど難しいことだとは思いませんでした。
 それから2年ぐらいは、若手ダンサーのショーケースのような公演にエントリーして、5分くらいの作品をつくって出していました。

──実質的なデビュー作となったのが、2002年の横浜ダンスコレクションRで発表した『while going to a condition』です。梅田さんの作品は、関節とか筋肉の動かし方が特徴的で、波打つような柔軟な使い方をします。光と音が重要な役割を果たし、空間の中央に位置する身体と三つ巴になり、三者が相互に反応しながら進行していきます。ときたま素早い動きを使うんですが、ある程度の速度を保ちながら動きっぱなしなので、とても運動量が多い。このスタイルはデビュー作から現在まで変わりませんよね。この作品はその後、何度も再演される代表作になりました。
 ダンスコレクションには「ランコントル・コレグラフィック・アンテルナショナルドゥ・セーヌ・サン・ドニ(旧バニョレ国際振付家賞)」と「ソロ×デュオ・コンペティション」があって、僕は両方に出場しました。「ソロ×デュオ」に出した作品を見た評論家の三浦雅士さんに「もう少し舞台を使った作品をつくったほうがいいよ」と言われて、ランコントルまでの2週間で一気につくったのが『while going to a condition』です。賞は逃したのですが、ディレクターのアニタ・マチューの目にとまってフェスティバルに招待され、バニョレで公演しました。よく受賞したと勘違いされますが、してません。ここが僕には結構大切なところで(笑)。

──これをきっかけに海外での活躍の場が一気に広がっていきます。「受賞」という事実はなかったけれど、横浜ダンスコレクションが梅田さんのキャリアにとって重要なターニングポイントになったわけですよね。向こうでのリアクションはいかがでした?
 公演経験も少ないし、比べるものもなかったので当時は日本の観客のリアクションもよくわからない状態でした。向こうでは公演が終わるといろんな人が声を掛けに来てくれたので、すごく評判が良かったのだと思っていましたが、今思えばそれは文化の違いで、普通のことだったんじゃないかと(笑)。それに海外で公演したといっても、公演が終わって日本に帰ってくれば別に何も変わっていないし。バイトしながら創作するという状態が続いていました。

──梅田宏明という名前を聞くと、横浜ダンスコレクション以降ヨーロッパに渡って、そのまま帰ってこないという印象があります。私以外にもそう思っている人が大勢いると思うけれど、海外に拠点を移したのではないのですか?
 これもよく勘違いされるのですが、海外に移住したわけでも、ダンスをやめたわけでもない(笑)。バニョレの後、すぐに公演の話をいただいたのですが、正直、ダンスをやってお金をもらったのも初めてだったし、「何だこの世界は?」という感じで、これを続けてどうなるのかもよくわからなくて。バニョレで公演し次に繋がったので、とりあえずオファーがあれば行くという感じで、最初はどういうペースで自分が動けばいいのかとか、世界でどうツアーしていくのかとか、システムに慣れるのに精一杯でした。
 ただ、当時は特にプロになろうという意識はなくて、自分で表現したいものをつくり、オファーがあれば行くだけだと思っていたので、マイペースと言うか、結構のんびりしていました。バイトが終わると家に帰り、自分の部屋で踊っていました。

──稽古場という空間を使って、練習したり創作したりということはないのですか?
 いえ、専ら自分の部屋です。あとは電車に揺られながら練習したり。今でも稽古場に行って練習するというのは少ないです。だからあまり舞台上で動かないと冗談で言っていますが、本気にされると困ります(笑)。
 
| 1 | 2 | 3 | 4 |
NEXT
TOP