The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
柿崎麻莉子
柿崎麻莉子(かきざき・まりこ)
1988年、香川県生まれ。幼少期より新体操とバレエに励む。筑波大学入学後コンテンポラリーダンスと出会う。平原慎太郎、Carmen werner、山田せつ子等の作品に出演。2011年、韓国国際ダンスフェスティバル(KDMC)にて金賞受賞。2012/2013 season Batsheva Dance Company ensemble dancer。瞬project メンバー。
pdf
柿崎麻莉子『≫(グングン)』(2011)
振付:平原慎太郎
バットシェバ・アンサンブル
『HOME ALONE』
(2013)
Photos: Zohar Ralt
HOME ALONE
HOME ALONE HOME ALONE HOME ALONE
Artist Interview
2013.11.8
dance
From rhythmic gymnastics to dance, Batsheva Ensemble member, Mariko Kakizaki  
新体操からダンスへ バットシェバ・アンサンブルの柿崎麻莉子  
イスラエルを代表するコンテンポラリーダンスのバットシェバ舞踊団。2012年からその若手カンパニーであるバットシェバ・アンサンブルで活躍しているのが新体操出身の柿崎麻莉子だ。筑波大学でダンスをはじめ、同舞踊団芸術監督のオハッド・ナハリンが開発した身体メソッドGAGAとの出会いで開眼したチャレンジャーの素顔とは?
聞き手:石井達朗[舞踊評論家]

新体操とダンス

──柿崎さんは難関を突破して、世界的に高い評価を得ているバットシェバ舞踊団の若手カンパニー、バットシェバ・アンサンブルで活躍されています。出身は新体操だそうですね。

 生まれは香川県三木町という高松の東にある小さい町で、母親が新体操の先生をやっていて、私も小学3年生くらいから高校3年まで続けました。踊ることは小さい時から好きだったようで、新体操をやる前から、毎日母親のCDをかけて踊っていたそうです。
 ただ新体操とダンスは、近いように見えて全然違う。評価のポイントも新体操は「足が180度開いたら何点、バランスで何秒止まったら何点」というもので、身体の使い方が全く違う。高校の新体操の全国大会では、審査員に「上位に入りたかったら、踊るのではなく技術や技を追求しなさい」と言われました。それで興味が薄れていた頃、大阪でシルヴィ・ギエムの『ボレロ』を見たんです。小学6年生の頃からバレエも少し習ってはいましたが、ギエムは自分が知っているバレエとは全然違う感じがした。ダンスのことはよくわかっていませんでしたが、とにかく踊りをやりたくて筑波大学に入りました。
 筑波大に舞踊科はなかったので、専攻したのは体育専門学群マネジメント専攻です。そこには3人の舞踊の先生(平山素子・村田芳子・寺山由美)がいましたが、もったいないことに大学でダンスのことをあまり勉強した記憶がないんです。一応、ダンス部に入り、全日本大学ダンスフェスティバルには毎年出ていたものの情熱をもてなくて。大学1年の時に足の靱帯を切ったりしたこともあり、ダンスから遠ざかって遊び呆けていました。でも2年になる時、自分は本当にダンスをやりたいのかを確認しようと思い、夏休みにニューヨークへ行きました。ネットで「いまニューヨークが熱い!」とあったのを鵜呑みにしたのが間違いでしたね(笑)。一通り有名なスタジオには行きましたが、特に得るものはなく帰ってきました。

──その頃、ダンサーで振付家の平原慎太郎さんと出会ったのですね。
 2年生の秋でしたが、平原さんが関東学生舞踊連盟(関東の大学のダンス部の連盟)にダンサーが20人くらい出演する作品を振り付けることになり、参加者を募集していたので応募しました。平原さんがちょうどNoismを辞めたばかりの頃でした。15分ぐらいの作品で、他の人はすごく格好良く踊っているのに、私だけずっと、端っこの目立たない床の上で横になってクネクネしているだけ(笑)。でも振付家のアイデアや考え方に身近に接して、どうやってダンスが出来ていくのかを見るのがすごく楽しかった。平原さんというダンサーを通して、やっとダンスに本格的な興味が沸き始めました。その公演を1月に終えた後、4月には平原さんがゲストで呼ばれている別の作品に全く経験のない私を推薦してくださって、出演しました。
 
──平原さんが柿崎さんに興味を持ったのは、バレエやモダンダンスのクセがなく、しかも身体が良く利く点に可能性を感じたのかもしれませんね。韓国のコンペティションに出たのもその頃ですか。
 はい。4年生で卒業が視野に入ってきてもダンスを続けたいと思い、作品を作ったりしていました。でも卒業する決心がつかなくてもう1年いることにして、4月に東京へ引っ越したんです。そのとき平原さんが韓国国際ダンスフェスティバル(KDMC)の情報を持ってきてくれ、「絶対やりたい!」と言ったら振り付けてくれました。2011年6月が本番でした。
 この大会では、新作の5分間の振付作品を2作と、大会当日に渡されるムーブメントを使って参加ダンサーが作る小作品の計3作品で、トーナメント形式で競いました。準々決勝で用意していた作品Aを、準決勝で同じく作品Bを、決勝で現地で渡された作品とAかBどちらかの作品との2作品を決勝で踊ります。それでダンサーへのゴールドアワードと、振付家賞を受賞しました。
 
──ネットで観ましたが、すごく印象的な作品でした。身体の部分部分を独立してシェイクするような感じで。5分という時間のわりには豊富なパフォーマンスでした。
 最初の3分ぐらいは一番奥にとどまって、それから徐々にフォーエイトぐらいのムーブメントで、揺れながら奥から前に向かって歩くというシンプルな作品です。
 実はこのコンペティションに参加した時期に身近な人が亡くなったのですが、それでも出ようと決めました。キャリアの上で受賞は大きな実績になりましたが、私にとってはあの状況で踊ることを選んだことが、今でもダンスを続けている大きな契機になっています。
 
──ご自身でも作品を作るようになられましたね。翌年の2012年6月にセッションハウスの「ダンス花」シリーズの一環で上演された『Vergiss mein nicht!』を拝見しました。他の人の作品と比べても、柿崎さんの作品はすごく印象に残りました。うらぶれたキャバレーみたいな感じで、演劇的な要素がありつつも身体的な要素を良く使っていました。
 ドイツ語で「私を忘れないで」という意味で、夏に作った作品の再演です。少女のまま部屋に取り残された、という設定でしたが、再演時には自分の考え方も変わっていて、同じイメージで踊るのはちょっと難しかった。この作品をもう一度踊るとしたら何ができるか、自分の持つ身体性をどう生かせるか……自分の成長と共に作品との係わり方も変わってくることを実感しました。


GAGA、バットシェバ舞踊団との出会い

──その時にはもうバットシェバ・アンサンブルのオーディションを受けていた?

 はい。話は前後しますが、3年生の春、2010年4月に彩の国さいたま芸術劇場でバットシェバ舞踊団の『MAX』を観て、初めて心の底から「面白いダンスを観た!」と思えた。とはいえバットシェバ舞踊団について何も知らなかったので(笑)、調べてみたら芸術監督のオハッド・ナハリンが開発した独自の身体メソッド「GAGA」というものがあるらしい。しかもイスラエル本国で受けられる「GAGAインテンシブ」があるというのを知り、その年の夏に行きました。
 
──GAGAから入ったんですか。よくイスラエルまで行きましたね。
 何かツテがあるわけではないので、個人で格安チケットを手配して、安い宿を取って、2週間ダンス三昧でした。毎日、朝はGAGAのクラスがあり、昼からレパートリーがありました。参加人数が多かったので4グループに分かれて、それぞれバットシェバのダンサーから教わりました。レパートリーはグループによって内容が違っていて、私は『アラブライン』という一列に並んで一人ずつ踊るものや、『カムヨット』という作品をやりました。とにかく一日中ダンスができることがすごく楽しかったですね。

──私も一般人用の「GAGAピープル」を受けたことがあります。ダンサー用の「GAGAダンサー」はまた違うでしょうが、一般用は、動きの形や技術的なことを指導するのではなく、参加者に自分の中から動きが出てくるようにファシリテートする感じですよね。バレエのようにテクニック中心のダンス出身ではなかった柿崎さんには、逆にGAGAの方が馴染みやすかったということでしょうか。
 そうかもしれません。ちなみに、今カンパニーでテクニックのクラスとしてGAGAをやっていますが、それはインテンシブでやった「GAGAダンサー」と同じなのですが、1年間毎日やったことでメソッドに対する私の理解が深まったように思います。
 インテンシブでは、イマジネーションを使って、30人なら30人のグループが同じ方向に昇華されていく一体感と、身体が自由になる感覚を楽しみます。それらはGAGAの1歩目の鍵ですが、カンパニークラスとしてやっているGAGAでは、その奥に進んで、テクニックとして身体の骨や皮膚を動かす時の違いを意識していきます。「全身の風通しを良くして様々なテクスチャーを入れてみるトレーニング」としてのGAGAです。
 今、舞台に立っていて、自分の身体がGAGAによって鍛えられているなあと実感することが度々あります。それと「今日はちょっと左の足がいつもと雰囲気が違う」と感じたら、GAGAを使って自分で身体のメンテナンスもしています。
 ダンサーのやるGAGAはそれぞれ個性があって面白いですが、やはり一番面白いのは、オハッドのGAGAです。考案した本人だけに、今でもどんどん進化していて、新しいことにチャレンジしているんです。
 
──イマジネーションで身体を動かすメソッドはGAGA以外にも色々あります。他とは何が違うのでしょうか。
 初めてインテンシブを受けた時の「自分の身体を愛して、自分の身体をもっと大切に、愛しいものとして扱ってください」という言葉がすごく印象に残っていて、それがGAGAの哲学に通じていると思っています。
 イマジネーションでやっていくと、意識が身体の内側に向かっていく傾向にあります。でもGAGAではイマジネーションをきっかけにして「自分の身体がどう反応するかを認識すること」が大事になります。
 何かを想像する時、人は目が下を向いたり、上を向いたり、閉じたりしますよね。でもGAGAではそれらは禁止。鏡も使わない。自分を外から見ない。空間を一緒にシェアしている他の参加者を意識しながら、身体の外側を認識させるようにします。リーダーの指示も基本は全員に対して言っているのですが、ある人の動きの質が変化した瞬間を捉えて「いま変わったの、わかる?」と、違いを自覚させます。自分の身体のクセが、イメージによって変化することを意識することが大事になります。
 カンパニーのGAGAには、パッセやタンジュといったバレエの動きもありますが、そういう時でも、自分の身体がまだ知らないやり方を探っていきます。例えば「筋肉を固めて足を上げてみて」とか、「筋肉に引っ張られて足が持ち上がるのを意識してみて」という時と、「骨が動くから足が動く」「足の下側の皮膚が伸びていくから動く」というのでは、動き方がまったく違ってくる。そうした違いをどんどん発見し、意識して、「自分が普段、身体をどう使っているのか?」ということを見直していくことが重要になります。

──暗黒舞踏の場合は、言葉で動きをものすごく緊張させることによって身体のフォルムを作っていく。GAGAでは、自分自身を開放し、自分の身体をいつも柔らかくしながら動きを発見していく感じがしますね。
 はい。無意識にロックされている部分を開けていって、いろんな方向にいろんなエネルギーが出ていくのを促すようなテクニックだと思います。
 去年の冬に、山田せつ子さんの作品に出演させていただいたのですが、すごくおもしろい経験でした。山田さんはコンテンポラリーダンスですが、舞踏がベースということもあって、「タイミングが来るまで嘘の動きはしない」という方なんです。動きでやろうとすると、「それ、やることになっているからやってるでしょ?」とすぐにバレてしまう。そういう「身体は物体だけど、そこに宿る嘘のないムーブメントの瞬間がある」という感覚は、バットシェバの『Sadeh21』を初めて見た時の感覚と通底する部分があるんじゃないかと思っています。


オーディション

──さて、そういうGAGA体験を経て、バットシェバ・アンサンブルを受けようと思った?

 GAGAが楽しく、テルアビブという街もすごく心地よくて、ここにならしばらく住めるなあと思いました。インテンシブを受けた時、オハッドに「アンサンブルに入りたいんだけど」と聞いたら、「オーディションに受かれば入れるよ」と。この時はダンスを始めてまだ1年でしたけど(笑)、時期が来たら受けに来ようと思いました。

──しかしバットシェバ舞踊団のオーディションとなると、世界中から応募がある狭き門です。どのように行われましたか。
 とにかく応募人数が多いので、まずイスラエルのダンサーだけで2、3回国内予選があり、その合格者と外国ダンサーとでオーディションがあります。オーディションの内容は、バットシェバの作品の短いムーブメントをその場で習い、5人ぐらいのチームでどんどんやっていきます。その後に音楽をかけっぱなしにしてインプロビゼーション。ムーブメントとインプロをミックスして見ていく感じです。
 20〜25人が最終オーディションに残り、与えられた振付とインプロを少人数で順番にやっていきます。最後はみんなで半円になって、オハッドとバットシェバのリハーサルディレクターたちが並んだ前で、DJが音楽をかけ、一人ずつインプロビゼーションをやりました。いつ入ってもいいし、いつ出てもいい。私はそれが楽しかったですね(笑)。最終的に採用されたのは、外国人が3人、イスラエル人は新人3人、研修生から2人でした。現在14人のダンサーと4人の研修生がいます。今年のアンサンブルは4人だけ外国人で(スペイン2人、アメリカ人1人、私)、他の10人はイスラエル人です。

──超エリートですね。10年ほど前は稲尾芳文・島崎麻美・大野千里といった人たちがバットシェバ舞踊団で活躍し、いまでは中村恵理さんがいますが、アンサンブルに日本人が入るのは久々ですよ。
 イスラエル人は子どもの頃からバットシェバを目指していますから、外から来たダンサー、特に私みたいなのは、本当に異物(笑)。何をやっても全然見た目が違う。初めはそれでいいのか疑問でしたが、もちろんオハッドだってそれを承知で採用しているのだから、異物は異物としての役目があると思っています。カンパニーで恵理さんを見ていても、日本人特有の湿っぽさというか、独特な雰囲気が魅力的ですから。

──アンサンブルの日常はどのようなもので、どんな活動をしていますか。
 通常のリハーサルの日は、朝の10時から1時間半のクラス、11時半〜2時まで午前のリハーサル、2〜3時は休憩、3時〜5時半に次のリハーサルがあります。スケジュールは月によっていろいろですが、ツアーのないときは学校パフォーマンスをしながら、オハッドや元バットシェバのハウス・コレオグラファーだったシャロン・エイアールの作品リハーサルをしています。今年の3月、4月はホフェッシュ・シェクターというイギリスの振付家、ダニエル・アガミというアメリカの振付家の作品をリハーサルしました。両方とも元バットシェバです。その他に、アンサンブルのダンサーが自分でクリエイションをする『HOME ALONE』という企画があって、私もそれで作品を作りました。


イスラエルでのダンス

──イスラエルでの生活はもう1年になります。イスラエルでダンス生活を送って、日本との違いを感じますか。

 日本は「人間として頭で考えて、それが動きになる」という感じでしたが、イスラエルはもっと「心が身体にある」感じです。身体のグルーブ感やリズム感が、そのまま観客に訴えるものになっている。客の反応を見ても裏の背景やストーリー、チャレンジとかで見ているというより、純粋に楽しんでいます。

──彼らは自分の意見をハッキリ主張するし、身体性を前面に出します。男性が3年、女性も2年の兵役があるという、身体的に緊張状態に置かれて暮らしているところからダンスも生まれている感じがします。柿崎さんのように「東洋の平和な国から来た若い女性」にとって、全く違う環境のイスラエルをどう思われましたか。
 カルチャーショックはありました。2012年の11月、1カ月間のイギリスツアーで18公演やりましたが、全部の回で何らかのボイコット運動がありました。外で叫ぶだけではなく、上演中も客席で誰かが叫びだしたり、舞台に駆け上がってこようとしたり。もちろんパレスチナ問題は知っていますし、テルアビブには防空壕があり、毎朝ニュースで今日は何人兵隊が亡くなったと流れています。しかし、抗議する人たちの声を直接聞くのは初体験でしたからショックでした。

──公演直前にガザ地域に攻撃があり、反対運動が盛り上がっていた時期でした。そういう事態に直面して、どう感じましたか。
 私は日本でのダンサー活動は少ないですが、それでも社会との関係が見えないなと思っていました。ダンスがニュースになることはほとんどないし、政治にもそんなに関係していない。打っても響かないところにもどかしさを感じていました。でもイスラエルでは逆に、アートは政治とは別のところでやっているはずなのに、どうしてもイスラエルの代表として政治に絡め取られてしまうのが現状です。ダンサー仲間でも軍隊に行っている若い子もたくさんいます。朝、電話で「今日はパレスチナ自治区に入っていくんだ」と話し、夜はまた電話で「今日は無事だった」という日常。テルアビブにロケット弾が落ちたからと心配して、本番直前に家族へ電話をしたり。そういう姿を見てショックを受けた部分があります。

──バットシェバの活動ですごく良いなと思うことのひとつが、アンサンブルが小学校や中学校を回って公演を行っていることです。イスラエルの子どもたちは、小さい頃から自分の国を代表する舞踊団のコンテンポラリーダンスに接している。ダンスというものがすごく身近にあります。
 そうですね。街を歩いていても「バットシェバのダンサーでしょ?」と声をかけられたり、バットシェバを見た話を楽しそうにしてくれたりします。
 イスラエルの人々にとっては、ダンスだけではなく音楽や演劇もすごく身近な存在です。国から各学校にバットシェバ、インバル・ピント、演劇、音楽……といった団体のリストが配られて、そのカンパニーを呼ぶための費用も明記されているそうです。
 私たちは平均で週に2回は学校を回っていますが、去年は3回だけアラブ系の学校でもパフォーマンスをしました。もちろん生徒は楽しく見てくれました。面白かったのは先生の反応で、肌の露出が多い女性は見てはいけないので初めは下を向いているものの、最後のほうは前を見て笑っていました。アンサンブルの若いダンサーも、初めてアラブ系の学校に行って、「あの子たち全然良い子じゃん」「初めてアラブ系の人とこんなに近くで喋ったよ」とか、反応も新鮮でした。

──柿崎さんの今の気持ちとしては、これからもしばらくアンサンブルで活躍して、ゆくゆくはカンパニーのメンバーになって、ずっとやっていこうという気持ちですか。
 基本的にアンサンブルは2年か3年で終わりますが、私は1年目ですでにお腹いっぱい(笑)。でも2年はやろうと思っています。アンサンブルからカンパニーに行ける人数は限られていて、カンパニーのダンサーに欠員ができたときにアンサンブルから補充するだけなので、年に1人とか・・・。バットシェバ舞踊団はオハッド・ナハリンの作品がほとんどですし、今は、もう少し様々な振付家と出会ってみたいという気持ちがあります。
 
──ご自分の作品ももっと作って日本で公演してほしいですね。
 2014年にイスラエル人のダンサーと共に日本で公演することを企画中です。ただ私自身の本質はダンサーで、作品をつくる人ではないのかなと。ただ人との出会いで、新しい動きやイメージが湧くので、そういうときには作りたくなります。ダンサーとしての自分を信じて動きを作っているので、ダンサーとして気持ちがついていかないものはやりません。その人の身体を見て、「この人はこういう風に動いたら面白いな」と思える動きをどんどんお願いする感じです。
 
──柿崎さんのように、日本でとても盛んな新体操や、あるいは別の非ダンス的な身体の鍛え方をした人の中から、ダンスに興味を持つ人がもっと出てきてもいいのではないかと思います。
 新体操をやってきた人でダンスに興味をもっている人は少なくないと思います。ただ新体操は「これができたら高得点」という基準が明確に決まっているので、身体に刻み込まれたその基準から離れて自由に表現するダンスにシフトするのは簡単ではありません。私も最初は、ジャンプが高い、ターンもきれいと、「すごい!」とは言ってくれるのですが、「それはダンスじゃないよね」と言われて混乱しました。それで、最初、自分で作品をつくる時は新体操的な動きを封印して、できるだけ足を上げない、ジャンプをしない作品にしました。
 でも、そうした時期に出会った人々から、幸運にも身体能力をアピールするようなものとは違う作品の作り方を学ぶことができました。平原さんからは、佇み方や歩き方、支点の作り方、空間の意識の仕方を学びました。ほかにも元ブッパタール舞踊団のジャン・サスポータスさん、スペインの振付家カルメン・ワーナーさんといった、「身体を意識しつつ、シアターの方向からダンスに入っていく人」にたくさん出会えた。そして「新体操のテクニックを使わなくても、おもしろい踊りを作れる」と実感できたことは、すごく大きかったです。
 でも今はバットシェバの振付を踊らなくちゃいけない。他のダンサーたちはすごく足も上がるし、ジャンプも高いし、こちらも封印などとは言っていられない。いくらバットシェバのダンサーの身体能力が高いと言っても、新体操で鍛えてきた私にはかなわないんです。彼らが勢い余ってしまうところも私はピタッと止まれるし、足を高い位置でピタッとキープすることもできる。だから私が何かすると、「オーッ」って観客が喜ぶし、そういう身体を振付家が使いたいと言ってくれたりする。自分ではずっと弱点だと思って日本では封印していた新体操が、今イスラエルで喜ばれ、受け入れられている。以前のような「ダンス以外の身体性を使うことへの恐れ」は段々なくなりつつあります。そうして「新体操の技術が踊りからさほど分断されたものではなく、踊りの一部として繋がっていく感じ」がやっと出てきた。そうなったのはGAGAに助けられた部分もあると思います。

──その結果、自分としてどのような特徴がでてきたと思いますか。
 私の身体は手がちょっと長くて、肩がよく動き、関節が全部柔らかい。さっきも言いましたがバランス感覚が優れてもいます。日本にいた時は、その身体が、足は足として、胴は胴としてあって、それが繋がって動いているという感じでした。しかし今は、「足は足じゃなくてもいい」というか、足も手も同じような意識、同じような感覚として使っていけるんじゃないかと思っています。そんな風に意識が変わってから、映像で見ても動き方がハッキリと変わったのがわかります。
 バットシェバ・アンサンブルでの経験は、「ひとつの技術やスタイルを身につけた」というのではなく、こわばっていた私の気持ちと身体が解放されていく1年間だったかもしれません。
 
TOP