The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
Artist aAn Ovewview.
2005.10.22
Kabuki's New Wave   Hiroshi Hasebe (theater critic)  
歌舞伎の新潮流 長谷部 浩(演劇評論家)  



1

2005年は、歌舞伎にとって大きな変革の年だったと、後世の人々は振り返るかもしれない。
3月から5月にかけて、東京・歌舞伎座で行われた十八代目中村勘三郎襲名披露は、5月夜の部、その最後の演目に、2001年に初演された野田秀樹脚色・演出の『野田版 研辰の討たれ』を据えた。家の芸の継承を基本とする襲名披露で、4年前に初演されたばかりの新作を上演するのは、きわめて例外に属する。いうまでもなく野田秀樹は、1980年代以降、日本の現代演劇を牽引してきた代表的な劇作家・演出家・俳優である。この襲名披露に『野田版 研辰の討たれ』が選ばれたのには、中村勘三郎の強い意志が働いたと聞く。彼は現代演劇の代表選手と手を組むことによって、歌舞伎の再生に向かって、大きな一歩を踏み出したのである。

続く6月には、英国をはじめとする欧州で、シェイクスピアのローカライズ・再解釈を行い、高い評価を得てきた演出家蜷川幸雄が、歌舞伎座で『NINAGAWA 十二夜』を演出した。エリザベス朝演劇の時代には、女性の役は、少年俳優によって演じられた。今回の『NINAGAWA 十二夜』を演じたのは、すべて男性によって構成される歌舞伎俳優である。主役のシザーリオ実はヴァイオラと、双子の兄セバスチャンの男、女、および男装した女性の三役を、美しさが匂い立つ27歳の若手俳優、五代目尾上菊之助が務めた。このような上演形態を通して、歌舞伎とシェイクスピアの間に、確かな通路が開いた。また、『十二夜』の中心となる役柄、道化フェステと執事のマルヴォーリオの二役を、人間国宝の七代目尾上菊五郎が務めたのも話題を呼んだ。役を兼ね、早変わりによって演じ分ける演出手法は、歌舞伎が得意とするものであった。さらに、舞台奥全面には、鏡を張りめぐらし、登場する人物たちを万華鏡のように映し出した。大胆なスペクタクルの使い手として知られる蜷川幸雄の特色を、遺憾なく発揮させる作品となった。

そして7月には、中村勘三郎が、やはり現代演劇の演出家、串田和美と組んで、歌舞伎の伝統的な演目『法界坊(ほうかいぼう)』に大胆な再解釈をほどこして上演した。串田は、長野県松本市にある「まつもと市民芸術館」の館長兼芸術監督を務める現代演劇の代表的な演出家・俳優である。『法界坊』は、奈河七五三助(ながわしめすけ)によって書かれ、1784年に初演された演目であり、古典として、衣装・美術はもとより、それぞれの役によって演じ方の定型がある程度定まっている演目である。串田は、歌舞伎俳優にとっては、常識となっている個々の所作、演じ方をひとつひとつ洗い直し、寺に鐘を寄進するとの名目で喜捨を募って歩く破戒坊主の法界坊を、現代にも通じるアウトローとして描き出そうとした。

海外の読者には、きわめて奇妙に映るかも知れないが、日本においてはこれまで現代演劇と伝統演劇の間に決定的な隔たりがあった。俳優、スタッフ、批評家は、それぞれのジャンルに属しており、お互いの領域を行き来しないのが通例であった。5月の野田、6月の蜷川、7月の串田と、方向性はそれぞれ異なるものの、旧態依然としてきた歌舞伎が、そのもっとも権威のある劇場とされる歌舞伎座で、大きく改革へと踏み出したことがわかる。観客席には、初めて歌舞伎を見る若い世代も数多く見られ、教養や社交ではなく、純然たる演劇に対する興味でチケットを求める個人客を集めていた。古典の継承の名のもとに、活力を失いかけていた歌舞伎が、再生に向かって大きく動き始めたのである。
| 1 | 2 | 3 |
NEXT
TOP