The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
ウェストミンスター・シティ・カウンシル


pdf










































An Ovewview.
2005.3.16
Support for the arts by public organizations in Britain────Shinko Suga (Journalist)  
イギリスの公的機関の芸術援助────菅 伸子(ジャーナリスト/在ロンドン)  

英国の公的機関による芸術助成のあり方は、政府に大半を頼るヨーロッパ大陸諸国、民間に資金の多くを依存する米国との中間的な立場を取っていることに特徴がある。
その主な理由は、歴史に由来する。英国では世界に先駆けて、市民が自由と平等の思想に導かれて、政治を自分たちの手に移す市民革命が17世紀に始まった。その後、産業革命が起こり、いち早く近代国家が築かれた。そのため英国の芸術文化は、王侯貴族や教会に庇護されたヨーロッパ大陸諸国とは異なり、豊かな新興中産階級にある程度支えられてきたという歴史的背景があるからだ。


政府主導型ではない公的補助
大英博物館は、1753年に医者で自然科学者だったサー・ハンス・スローンが、自分のコレクションを国に寄贈したためつくられた博物館だ。公営宝くじによる資金集めが行われ、1759年に世界初の一般市民に公開された法人組織の博物館として開館した。
テムズ川の北岸にあるテート美術館は、砂糖貿易で巨大な富を築いたサー・ヘンリー・テートが、「政府が場所を提供すれば、現代美術の個人コレクションと建設資金8万ポンドを寄付する」という条件を出して、1897年に開館した現代美術館だ。
現在も興行が続けられているロンドン中心部、ウェストエンドにある40余りの劇場の多くは、19世紀後半から20世紀初頭にかけて、民間人が建設した商業劇場である。
基本的には、英国の芸術への公的補助は、政府主導型ではない。各芸術団体が毎年文化企画を作成し、その内容が妥当だと認められると、ある程度公的援助が行われるという形式がとられている。

英国アーツ・カウンシルの歴史
英国でザ・アーツ・カウンシル・オブ・グレート・ブリテン(ACGB)という政府から独立した立場の全国的な芸術援助組織が設立されたのは、1946年のことだ。これは40年に設立され、政府機関と非営利団体が財政援助を行っていたザ・カウンシル・フォー・ザ・エンカレッジメント・オブ・ミュージック・アンド・アート(CEMA)が発展したもので、ACGB設立以来、英国の芸術団体は、より安定した活動が行えるようになった。
ACGBは比較的寛大な公的援助を行っていた時代もあったが、80年代後半にサッチャー前首相が、芸術文化費の予算拡大を停止し、実質的に公的補助を削減する政策を打ち出した。そのため90年代には各芸術団体は、企業や個人からの寄付集めに力を入れることを余儀なくされた。
さらに94年には、170年ぶりに公営宝くじが復活し、宝くじの売り上げの28%が、国の税金で賄い切れない文化やスポーツの助成に使われるようになった。その結果、ACEが95年3月から99年6月の間に、10億ポンドを主要な組織の改装、再開発、建設費用として分配し、ロイヤル・オペラ・ハウス、テート・バンクサイド美術館、大英博物館などで大掛かりな工事が完了または進行中だ。

芸術援助のあり方の見直し
英国では90年代以降、各所で芸術援助のあり方、組織のあり方などの「見直し」が、現在も盛んに行われている。
ACGBが設立から半世紀が過ぎ、システムが時代遅れになっているという批判があったことが見直しがなされるようになった一つの理由だ。
ほかには、80年代半ばから起きている中央政府から地方への権限委譲という政治的動きと関連している。英国とひと口に言っても、アングロサクソンが主流のイングランドと、ケルト人が主流のスコットランド、ウェールズ、北アイルランドとは、歴史、宗教、文化的背景を大きく異にする。後者の間では英国政府から政治的に独立し、自治を行いたいという機運が近年、ことに高まってきている。
このような動きを受けて、94年ACGBは、アーツ・カウンシル・オブ・イングランド(ACE)、スコティッシュ・アーツ・カウンシル(SAC)、アーツ・カウンシル・オブ・ウェールズ(ACW)、アーツ・カウンシル・オブ・北アイルランド(ACNI)の4組織に分割された。
それまでは、ACGBが文化省から一括して援助金を貰い、各地域に援助金を分配するというやり方をしていたが、各地域のアーツ・カウンシルがそれぞれの地元の統治組織から直接芸術援助金を貰うという形式に変化した。
また、97年5月に発足したブレア政権は、一方で中央政府の統御力を強めながら、地方に実務を大幅に委任するという方針をとっており、この影響が芸術の公的援助にも表れてきている。一番大きく変わったのは、ACEの役割は、イングランド全体の芸術への公的援助の全体的な方針をつくって主導することが中心となり、組織自体がスリム化に向かっている点だ。それに代わって、資金振り分けなどの実務は、イングランドを10地域に分割するリジョナル・アーツ・ボード(RAB)に委託する方向にあり、今後はRABが芸術助成により大きな役割を担っていくものと思われる。
これらの動きは、アーティストや芸術団体、観客により近接した地域の組織が資金分割を行ったほうが、より実際に即した無駄のない業務が行えるという考え方に基づいている。

 

英国の芸術援助システム:主な組織間の関係図

 
| 1 | 2 | 3 |
NEXT
TOP