The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
Finnish Dance in Focus 2005
フィンランド・ダンスインフォメーションセンターが海外向けに発行しているダンス年鑑「Finish Dance in Focus」(2005年版)
http://www.danceinfo.fi/english
pdf
An Ovewview.
2005.12.28
Finnish Dance Today 
フィンランドのダンスの現在 
中心の消失と拡散。90年代以降のヨーロッパのダンス状況を地政学的に特徴づけているのが、この現象だ。表現の多様化が進む一方、情報ネットワークやメディアの発展により創作上のアプローチや発想が似通ってくるという傾向も見られ始め、近年、独創性という創作の基本が創り手に問い直されている。そんな中で、2004年の「リヨン・ダンス・ビエンナーレ」が改めてヨーロッパを特集するにあたり、これまで“主流”とみなされてきたフランスやドイツではなく、かつて“周縁”と呼ばれてきた東欧や北欧あるいは地中海沿岸地域などに焦点を当てたことは、現状を的確に踏まえた企画として評価できるだろう。実際、今、コンテンポラリーダンスの世界では、後発でありながら未知数の魅力をたたえたこれらの地域からの新鮮な表現に注目が集っているのだ。
中でも、このところ急浮上してきているのがフィンランドのダンスである。エネルギッシュで骨太、スタイリッシュで技巧的、というよりむしろ身体の存在感が屹立するその持ち味は、ヨーロッパでも独特の輝きを放っている。たとえば、2005年、筆者が観た内外の創作作品で、最も印象に残っている舞台は、フィンランドを代表する振付家、テロ・サーリネン(Tero Saarinen)の『Borrowed Light(反射光)』(2004年初演)だった。
これは、18世紀末にイギリスからアメリカへと移住した清教徒のなかでもとりわけ戒律に厳しいシェーカー派の人々をテーマにした作品で、緻密に練り上げられた舞台は緊張感に満ち、禁欲のなかに信仰の高みへと至る人々の精神性を的確に表現していた。ボストン・カメラータによる無伴奏の合唱が、不均衡で変形な動きで構成されるミニマルな振付と絶妙にかみ合い、ミキ・クント(Mikki Kunttu)の自然光を意識させる照明と相まって、抑制の効いた動きがエネルギーを孕みながら宗教的高揚感へと昇華されていく説得力は圧巻だった。

フィンランドのダンスの歴史

フィンランドのダンスの歴史は、その他のスカンジナヴィア諸国(ロマンティック・バレエの伝統を誇るデンマーク・ロイヤル・バレエを擁するデンマーク、スウェーデン王立バレエ、クルベリー・バレエなどで知られるスウェーデン等)と比べて、決して長いものではない。バレエを含め、芸術としてのダンスがフィンランドに根づいたのは20世紀になってから。しかし、逆にその伝統の希薄さが、自由で独自のダンスを育む環境を生み出したとも言える。宮廷によって支えられた貴族的な舞踊文化が未成熟だったこともあり、結果として、それに縛られることなく、新しいダンスの萌芽が促された。

〈バレエ〉
フィンランドの舞踊史の流れは、日本の現代舞踊の歴史とやや似ており、1920年代にバレエとモダンダンスが相前後して紹介されている。イサドラ・ダンカンがフィンランドに初めて来訪したのが1908年で、同じ年にアンナ・パヴロヴァとマリインスキー劇場のダンサーたちがサンクト・ペテルブルグより来演している。その後、1917年、ロシア帝政から独立したフィンランドに当時勃発したロシア革命を逃れたダンサーたちが定住、1921年にはフィンランド・オペラ劇場に専属のバレエ団が創設され、これが1956年に国立バレエ団に改称される。
バレエにおいては、隣国ということもあって、ロシア・バレエから多くを学ぶ一方、歴史的経緯のため政治的には距離があり、底流にアンビバレントな感情も存在しているようだ。フィンランド国立バレエ団の基礎が築かれた最初の40年間は、ともにロシアで学んだ二人のバレエ・マスター、ジョージ・ゲー(George Ge)とアレクサンダー・サクセリン(Alexander Saxelin)の下でロシア・バレエの影響を受けて発展した。

〈モダンダンスとコンテンポラリーダンス〉
モダンダンスでは、地理的に近いという関係もあり、1920年代以降、ドイツのモダンダンス(表現主義舞踊)が流入し、フィンランドのダンスに大きな影響を与えた。1926年にはメリー・ヴィグマンが、1937年にはクルト・ヨースとそのカンパニーなどがヘルシンキで公演を行っている。「フリーダンス」と呼ばれたフィンランドのモダンダンスの担い手たちは、20から30年代には、専らドイツを含む中央ヨーロッパへ新しいダンスを学びに出かけた。また、60年代になると、マーサ・グラハム、マース・カニングハム、アルヴィン・エイリーなどアメリカのモダンダンス、ポスト・モダンダンンス、ジャズダンスが人気となり、その影響により抽象的で動きを重視したダンス・カルチャーも生まれてくる。
フィンランドにおいてモダンダンスが本格的に自立した芸術領域としての力を見せ始めるのは、1970年代である。この国のダンス界の発展に貢献した2つの重要なカンパニー、「ダンス・シアター・ラーティコ(Dance Theatre Raatiko)」が1972年、「ヘルシンキ市立劇場ダンス・カンパニー(Helsinki City Theatre Dance Company)」が1973年に相次いで設立された。演劇においては、フィンランド語とスェーデン語を公用語とするこの国で、フィンランド語演劇の台頭は国家的アイデンティティの獲得と独立運動と結びついていたが、遅れて発展したダンスの領域では、この時期に至ってフィンランドらしいアイデンティティが模索されるようになる。また、この2つのカンパニーをベースにして80年代にはコンテンポラリーダンスも台頭してくる。

ダンス・シアター・ラーティコと創設者マルヨ・クーセラ
ラーティコの創設者であるマルヨ・クーセラ(Marjo Kuusela)はそのダンス・ドラマの素材に、フィンランドの文学作品を選び、また社会的、政治的な視点を踏まえた身近な題材によって個性的で力強い作品を創った。たとえば、クーセラの代表作のひとつ『7人の兄弟』(1980)は、フィンランドの国民的作家、アレクシス・キヴィ(Aleksis Kivi)の小説に基づいた若者達の成長物語である。クーセラは、現在も現役の振付家として活躍する一方、1996年以降、ヘルシンキ・シアター・アカデミーで振付科の教授としてダンス教育に精力的に取り組んでいる。彼女のカンパニーからは、トンミ・キッティ(Tommi Kitti)をはじめ有数な踊り手を輩出しており、キッティは現在ではトンミ・キッティ・カンパニーを主宰している。

ヘルシンキ市立劇場ダンス・カンパニーと振付家ヨルマ・ウオッティネン
ヘルシンキ市立劇場ダンス・カンパニーは、その創作活動によって、常にこの国のダンス界に新風を送り込んできた。その軌跡は、フィンランドのコンテンポラリーダンスの歴史を辿るようだ。とりわけ、1982年以降9年間、フィンランドを代表する振付家として知られるヨルマ・ウオッティネン(Jorma Uotinen)が芸術監督をつとめた時代にカンパニーとしての基礎を確立したと言っていい。
ウオッティネンはパリのカロリン・カールソンの元で活躍した後、ここの芸術監督に就任し、代表作『カレワラ(Kalevala)』や『パセティーク』を含む9本の作品を創っている。彼の作品はカールソンの影響を感じさせるが、視覚性豊かで、より官能的で濃密な情緒に富んだ作品を創る。たとえば、代表作のひとつ、チャイコフスキーの同名の曲にあてた『パセティーク』では、白いチュチュをまとった20名程の男性ダンサーたちが、蒼い照明のなかダイナミックな群舞を展開して音楽と溶け合う。全員が、反転しながら跳躍を繰り返していく場は高揚感に富み、マシュー・ボーンの『白鳥の湖』さえ想起させる。ウオッティネンは、その後、2001年まで、フィンランド・ナショナル・バレエの芸術監督に就任し、同団のレパートリーを大きく刷新した。
ウオッティネン以降、ヘルシンキ市立劇場ダンス・カンパニーの芸術監督は、カロリン・カールソン、マルヨ・クーセラ、ケネス・クヴェンストローム(Kenneth Kvarnstrom)、アリ・テンフラ(Ari Tenhula)ら、この国のダンスをリードしてきた錚々たる顔ぶれの振付家がつとめてきた。フランスのコンテンポラリーダンスの母、カールソンは、もともとフィンランド系のアメリカ人でもあり、ウオッティネンの後、1年間だけ芸術監督をつとめ、若い世代に多大な影響を与えた。また、クヴェンストロームはその後、2000年に交流のあったスウェーデンのダンセン・フス(Dansens Hus)のディレクターに就任している。なお、現在の芸術監督は、DV8出身の英国人振付家ナイジェル・チャーノック(Nigel Charnock)がつとめている。

以上、舞踊史を概観してきたが、フィンランドではバレエとモダンダンスが同時期に並行して発展した経緯もあり、バレエ、モダン、コンテンポラリーダンスの垣根はそれほど高くなく、ミュージカルやジャズダンスも含めてジャンルの壁は希薄であったため、振付家やダンサーたちもそれ程意識せずに多様なテクニックを学び、自由に活躍の場を求めることが可能となっている。前述のウオッティネンの例でもわかるようにナショナル・バレエもデンマークのように伝統との軋轢に悩むことなくコンテンポラリーダンスをレパートリーにしているし、バレエ・ダンサーが日本の舞踏(Butoh)を学ぶ例も少なくない。そうした柔軟性や多様な技術やスタイルに対してオープンであるという点が、フィンランドのダンスに自由闊達で伸びやかな個性を与えている。
| 1 | 2 | 3 |
NEXT
TOP