The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
Data
[初演年]2001年
[上演時間]2時間10分
[幕・場面数]二幕九場
[キャスト数]9人(男5・女4)
Japanese Drama Database
Contact
Play of the Month
2007.1.22
Yume no Sakeme (A Crack in the Dream) Hisashi Inoue's Tokyo Trials Trilogy, Part 1 
井上ひさし 夢の裂け目(東京裁判三部作) 
 東京は下町の根津から小石川にかけての界隈を仕切る、紙芝居屋「民主天声会」の親方田中天声。彼は生まれ持っての声を武器に、講釈士から活動弁士となり、トーキー時代になって職を失っても、はやりの紙芝居屋に素早く転身。戦争中は軍国紙芝居を持ってマニラやジャワにまで出かけて行って戦意昂揚に励み、すっかり大立て者になるなど、時代の流れをしたたかに生き抜く庶民の代表のような男。

 彼の紙芝居に「満月狸ばやし」という一巻があった。四国の殿様狸が隣国に攻め込むものの、連合狸軍にあえなく惨敗。しかし大合戦の責めが殿様に及ばないように、家老狸の太郎が「殿様と領内の民狸を戦に煽ったのはすべてわたくしの企み」と身代わりを買って出て瀬戸の海に流されるという、お涙頂戴のお話である。

 さて、時は敗戦のあくる年。GHQから検察側の証人として天声に召喚状が舞い込む。外地へ行って「アジアの総大将は日本である」という趣旨の紙芝居を普及するよう命令された、と証言するためである。

 裁判の当日にアガらないように、天声一家はさっそく東京裁判の予行演習をはじめる。その中で、軍部に声をかけて商売繁盛を狙ったのはむしろ天声のほうだった、という事実が次第に浮かび上がり、舞台は「庶民の戦争責任」についての問題を客席へと投げかける。

 法廷での証言が終わり、天声が証言とともに紙芝居を一巻語ったことが新聞に報じられるや、天声会の紙芝居は引っ張りだこの大人気となる。自分のことがまた記事になってやしないかと、天声は、毎日、新聞をなめるように読み始めた。やがて、自作の紙芝居である「満月狸ばやし」の「殿様」を「天皇」に「家老狸」を「東条英機」に入れ替えれば、「テンノーと日本人に戦争責任をとらせないための日米合作」の東京裁判のからくりとそっくりだということに気づく。

 天声は、自分は東京裁判を予言していたのだという口上を付け加え、いろいろな大学からも呼ばれて「満月狸ばやし」を上演するが、逆にGHQに目を付けられて拘留される。

 占領が終わるまで「満月狸ばやし」を演らないという誓約とともに天声は釈放される。果たして国民は天皇と東条に踊らされていただけなのか、むしろ「天皇万歳」「大東亜共栄圏」と自ら踊っていた者もいたのではないかと、再び「庶民の戦争責任」についての問題を投げかけて、幕が下りる。

作者プロフィール:[生年]1934
作家・劇作家。1934年、山形県生まれ。上智大学卒業。放送作家として『ひょっこりひょうたん島』(共作)、小説に『手鎖心中』『吉里吉里人』『不忠臣蔵』『腹鼓記』『四千万歩の男』『東京セブンローズ』、戯曲集「井上ひさし全芝居その一〜その五」に42戯曲を収録、他に『紙屋さくらホテル』『太鼓たたいて笛ふいて』など9戯曲がある。
エッセイに「井上ひさしエッセイ集1〜10」、また「私家判日本語文法」「自家製文章読本」「コメの話」「本の運命」「井上ひさしの農業講座」「座談会昭和文学史」(共著)他がある。84年には蔵書を山形県川西町に寄贈した図書館「遅筆堂文庫」が開館(94年、同町に「遅筆堂文庫」と演劇ホールが一体になった川西町フレンドリープラザが落成)。この文庫を拠点に、88年から「生活者大学校」を開校している。
最新戯曲は新国立劇場に書下した『夢の泪』。日本ペンクラブ会長、仙台文学館館長、こまつ座座長などを務める。
 
| 1 | 2 | 3 |
NEXT
TOP