The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
効率の優先
効率の優先
城山羊の会『効率の優先』
(2013年6月7日〜16日/東京芸術劇場シアターイースト)
Data
[初演年]2013年
[上演時間]1時間45分
[幕・場数]1幕2場
[キャスト]9人[男6、女3]
Japanese Drama Database
Contact
Play of the Month
2014.5.19
Koritsu no Yusen (Priority on efficiency) by Kenji Yamauchi
 
山内ケンジ『効率の優先』 
 第58回(2013年度)岸田國士戯曲賞最終候補作。舞台はマーケティング用語が飛び交う、現代的なオープン・スタイルのオフィス。多忙を極める企画室では、ビジネスの規律が綻び、社員たちの愛憎劇が入り乱れ、次第に常軌を逸していく……。
 「企画室」と呼ばれるオフィス。決算期で業務は多忙を極めている。昼食に出ていた社員が三々五々戻ってくる。

 企画室のトップである野心家の女性部長、部長にへつらうばかりの小松課長(男)、セクハラされているなどと言いふらす神崎(女)、新婚の秋元(男)、離婚したばかりの田ノ浦(男)、社内恋愛中の添島(男)と高橋(女)、総務から異動してきたばかりの佐々木(男)──会話からそれぞれの人間関係が次第に明らかになっていく。

 トイレに行った高橋が神崎に抱えられて戻る。生理のため体調が悪くて倒れたと、非難がましい目で見る部長に過剰に言い訳する高橋。高橋を強くかばう神崎に、「抗議があるなら相手と意図を明確にせよ」とビジネスライクに応じる部長。

 自分のせいで雰囲気が悪くなったと青ざめる高橋に、「落ち着くための良い方法がある」と佐々木が彼女の胸に手を当てる。高橋と付き合っている添島が佐々木に掴みかかると、秋元が添島を引き離しにかかる。騒然とするも、みんな仕事に戻る。

 それぞれ会議などに出かけ、オフィスには秋元、佐々木、高橋の3人が残っている。佐々木と高橋は総務部時代に遺恨があるらしく、秋元は高橋に片思いしていることが会話から見えて来る。オフィスに戻ってきた神崎は、イライラしながら「部長が死ぬほど嫌いだ」と宣言する。

 数日後、夕暮れ時のオフィス。部長と課長が田ノ浦と面談し、仕事上の不満や部内の不満分子について聞き取りをしている。部長は社内恋愛を“濁った芽”と呼び、早く摘まねば企画室の致命傷になると言う。

 神崎も面談に呼ばれ、部長は自分に反感を持っているのではないかと詰問する。専務からの電話で部長が中座すると、実は神崎と課長が不倫関係であることが明らかになる。 

 神崎と課長が二人きりでいるところを見た秋元は、「神崎からセクハラの件を相談されていた」と課長をなじる。慌てて否定する神崎、つかみ合いになる課長と秋元。 

 そこに添島も加わり、課長を糾弾する。感情的になっている秋元を高橋がなだめるが、自分の気持ちを押さえきれなくなった秋元は高橋に抱きついて錯乱状態に。二人を引き離そうとみんなでもみ合っているところへ、部長が専務を伴って戻ってくる。

 喧嘩の理由を質す専務。駄々っ子のように課長をなじり続ける添島の頬を部長が平手打ちする。恋人を助けようと、今度は高橋が部長に襲い掛かる。みんなで二人を引き離し、専務が仲裁してなんとか仕事モードに戻そうとするが、「死んでお詫びする」というヒステリックな高橋にオフィスは再び混乱状態に。

 一度は沈静化するが、添島が話を蒸し返して再び課長に殴りかかる。揉み合う二人をみんなで止めているところに専務宛の電話が入り、「添島を静かにさせろ」と部長が命じる。

 専務が去り、ようやく仕事再開かと思いきや、もみ合いの最中に添島が死んでいた。「口をふさいだ田ノ浦の責任だ」と泣きながら責める高橋。部長は「仕事が終わるまで警察は呼べない」と口止めし、仕事を続けるよう命じて去る。

 次第に常軌を逸していく社員たち。必死に高橋を口説く秋元、罪を逃れようと足掻く田ノ浦、高橋に暴言を吐く佐々木。それを聞いた秋元は思わず佐々木を締め殺す。

 死体を隠す場所を探しに行った部長が戻ると、佐々木までが死んでいた。遅れて戻った神崎は死体が増えていることに動転するが、部長はビジネスライクに、自分への不満や課長との不倫について問いただす。パニックに陥り泣き叫ぶ神崎。

 そこへ専務が戻ってくる。神崎は子供のように泣きじゃくりながら、専務に二人の社員が殺されたと訴える。死体を確かめた専務は、極めて実務的に、ドライアイスを買いに行くよう田ノ浦に指示する。

 そのビジネスマン然とした対応に感激した部長は専務に抱きつき、キスする。セックスにもつれ込む二人。その光景に愕然とする課長。

 あえぎ声に重なるように電話が鳴る。田ノ浦あてに何度も電話して来た得意先の新田だ。田ノ浦の不在を告げ、戻り次第折り返す、と課長が電話を切るのと同時に、絶頂を迎えた部長の声が重なり、暗転。

作者プロフィール:
1958年、東京都出身。CMディレクター、舞台演出家、劇作家。83年、電通映画社(現 電通クリエーティブX)入社。92年よりフリーランスとなる。第33回ギャラクシー賞テレビCM 部門CM 大賞、第37回ACC 日本CM フェスティバル最優秀賞など受賞歴多数。2004年に「CMディレクター山内健司の演劇」として、故・深浦加奈子主演の舞台『葡萄と密会』を制作。06年、制作プロデューサー・城島和加乃と演劇ユニット「城山羊の会」を発足する。CM、テレビドラマ、ショートフィルム、webドラマなど作品多数。11年には自身初の長編映画『ミツコ感覚』が全国公開され、第27回ワルシャワ国際映画祭にてインターナショナル・コンペティション部門にノミネートされた。その他の演劇作品に『新しい橋〜le pont neuf〜』(08)、『新しい男』(09)、『メガネ夫妻のイスタンブール旅行記』(11)、『あの山の稜線が崩れてゆく』(12)、『身の引きしまる思い』(13)など。
 
TOP