The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
ガイア・ヨンソン氏(フェスティバル・ディレクター)
スタイン・ヘンリクセン氏(フェスティバル実行委員長)


Presenter Interview
2005.1.19
Norway's Ultima Contemporary Music Festival is held annually each autumn. This year the spotlight is on Japan.  
 
ノルウェーの首都オスロで毎年秋に開催されるウルティマ現代音楽祭は、スカンジナビアを代表する現代音楽祭である。日本からはこれまでも雅楽集団の伶楽舎や東京インターナショナル・ミュージック・アンサンブルなどが参加しているが、2005年のフェスティバルでは、日本の現代音楽にスポットを当てた「ジャパン・イン・フォーカス」が企画されている。2004年12月、同フェスティバル・ディレクターのガイア・ヨンソン氏およびフェスティバル実行委員長のスタイン・ヘンリクセン氏が来日。ウルティマ現代音楽祭の背景やクオリティーの高い音楽祭運営のしくみ、および聴衆の育成などについて話を聞いた。
(聞き手:ロバート・リード/構成:但馬智子)

ノルウェー・ウルティマ現代音楽祭
http://www.ultima.no/Sider/In_English.html


――ノルウェーの現代の芸術文化活動を理解するために知っておくべき歴史的背景から教えていただけますか。
ヨンソン: 100年前までノルウェーは500年もの間スウェーデンとデンマークの統治下にありました。19世紀末に独立運動が起こり、1905年に独立しますが、その運動を最前線でリードしたのが芸術家や音楽家たちでした。作曲家のエドヴァルド・グリーグ、劇作家のヘンリク・イプセン、画家のエドヴァルド・ムンクらはすでに芸術家として国際的に活躍していましたが、同時に独立推進派の運動家であり、当時の国民意識を代弁する存在でした。第一次世界大戦後には彼らの運動はいったん沈静化します。しかし、1950年代から60年代にかけて芸術家たちは再び結集し、激しい政治運動を繰り広げ、大きな社会問題になりました。70年代には、芸術家のこのような動きが議会への圧力となって、出版や楽曲の著作権などアーティストの権利保護のための法律が議決されるかたちで結実しました。
もうひとつの重要な流れは、学校教育における芸術教育を推進しようという国家的な動きがあったことです。その結果、70年代から80年代にかけてすばらしい音楽学校がいくつか設立され、そこから優秀な音楽家や新世代の作曲家が輩出されるようになりました。1973年以前にはそういった教育機関が国内にはまったくなかったため、グリーグや彼と同時代の音楽家たちはみな、ドイツまで行って勉強していました。私の世代は、ノルウェー政府が打ち出した芸術へのサポート政策によって生まれた第一世代の芸術家なのです。
ヘンリクセン: ノルウェーのナショナル・アート・カウンシルの成り立ちについても言及しなければなりません。第二次世界大戦後に国家を再建するにあたり、教育制度の見直しも図られました。その時、すべてのノルウェー人は芸術教育を受ける権利を与えられるべき、という理想があり、教育システムの重要な部分を占める芸術教育の職務を担うナショナル・アート・カウンシルが設立されました。コンテンポラリーアートは、そのカウンシルが重点を置いているもののひとつに位置づけられています。
ヨンソン: それで先進的な芸術教育が何十年も行われていなかったノルウェーに、演劇、音楽、ビジュアルアートの3つの政府系芸術団体(財団)が設立されました。おかげで今では、人口460万人のうちおよそ50万人のアマチュア音楽家が活発に活動するまでになりました。
ヘンリクセン: 芸術家への資金面でのサポートは国家補助でまかなわれますが、特筆すべきは、その管理・運用をしているのが民間の組織だということ。出資母体と運用母体との間には、ほどよい距離が保たれているため、芸術活動は、政治的圧力から一定の独立性を担保することができています。
 ノルウェーの国家予算のおよそ1%が芸術への補助金で、他国との比較でも非常に高い水準だと思います。しかし、今日ノルウェーがコンテンポラリーアートに強いのは、こうした政府からの支援があるからではなく、(民間の)委員で組織されるアート・カウンシルがあるからです。
ヨンソン: コンテンポラリーアートシーンは、隣国スウェーデンと比べてもかなり異なっています。スウェーデンでは、芸術に対する補助金が、芸術家自身ではなく政府によって管理されています。ノルウェーのシステムでは、芸術家本人が自分の芸術的価値に基づいて判断します。政治的支配ではない、芸術家主体のこの政策のおかげで私たちのアートシーンは発展しているのだと思います。ちなみに20〜30年前はスウェーデンのアートシーンはスカンジナビアでもっとも勢いがありましたが、現在は低迷しています。

――お二人の経歴は? ヨンソンさんはご自身も音楽家ということですが。

ヨンソン: 子どものころから聖歌隊に入っていて、高校、大学で音楽を勉強しました。それで音楽に関わる仕事に就くことにしました。ロックバンドのようなもので歌っていたこともあります。その後何年間か大学レベルでポピュラーミュージックを教えていました。現在では、現代音楽に関わる各方面からの要望に応じてさまざまな仕事をしています。
ヘンリクセン: 私は、委員長としてウルティマフェスティバルのマネージメントにかかわっています。私たちの委員会は大きく分けて、芸術的なバックグラウンドをもつ者と、政治・経済界での実績を持つ者とで構成されています。 私自身は前者のほうで、ノルウェー、アメリカ、デンマークの大学で音楽を学びました。その後現代音楽の楽団で活動を始め、現在はある楽団の芸術監督をしています。
 
| 1 | 2 | 3 |
NEXT
TOP