The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
ムハンマド・アブデルモネイム・エッサーウィ
Profile
ムハンマド・アブデルモネイム・エッサーウィ氏
(Mohamed Abdel Monem EL SAWY)
エジプト、カイロ・サキア アブデルモネイム エッサーウィ(通称:エッサーウィ文化センター)館長。エッサーウィ文化センターはエジプト初の民営文化センター。カイロの若者の間で親しまれている。2006年9月に、日本の文化複合施設の訪問、特に企画運営面で関係者との意見交換を通じ、エッサーウィ文化センターの今後の運営の参考とするため来日した。

エッサーウィ文化センター
http://www.culturewheel.com
エッサーウィ文化センター
Presenter Interview
2006.10.20
Egypt's first private sector arts and culture facility, Cairo's El Sawy Culture Center 
エジプト初の民間文化施設 カイロのエッサーウィ文化センター 
2003年に誕生した「サキア アブデルモネイム エッサーウィ」(通称エッサーウィ文化センター)は、100%民間が運営する本格的な総合文化施設。エジプトでは類を見ないこの施設は、芸術・文化・思想の発信を通して、エジプト社会の問題解決を図るための多彩な活動に取り組んでいる。2006年9月、来日したムハンマド・エッサーウィ館長に、その熱意あふれる取り組みについて話を聞いた。
(インタビュー・訳:アルモーメン・アブドーラ(大東文化大学国際関係学部講師))


──エジプトに民間の文化センターを設立するというのは極めて珍しい例だと思います。概要を教えてください。
「サキア アブデルモネイム エッサーウィ」(通称エッサーウィ文化センター)は、2003年に開館しました。カイロ中心部の現在この施設がある橋の周辺は、以前まではホームレスやチンピラたちの溜まり場で、悪臭漂うゴミ捨て場のようなところでした。そんな近寄りがたい場所が、現在のように「文化と思想」を発信する場へと変貌を遂げるとは、誰も思いもよらないことだったと思います。
施設名の「サキア アブデルモネイム エッサーウィ」とは、「サーウィの水車」という意味です。人が生きるためには水が必要であるのと同様、思想や文化も人々にとって重要なものです。水車が畑に水を運ぶように、「サーウィの水車」も、思想と文化を人々に運び伝えたいという願いをこめています。さらに、「サーウィの水車」は、文化と芸術を紹介するだけでなく、社会の宿弊の一掃や大衆の啓蒙、コミュニティへのアウトリーチ、人々の自己啓発などにも積極的に取り組んでいます。人々が「水」を求めて「サーウィの水車」を訪れ、思想や教養を高めてくれることを心から望んでいます。

エッサーウィ文化センターは、「文化と思想との巡り会い」というコンセプトのもと、芸術ジャンルのほか、詩の朗読や小説コンテストなどの文学、スポーツ、就職活動に役立つ能力開発セミナーや女性対象の料理教室・アラビア書道教室といった教育プログラムなど、多岐にわたる事業を展開しています。

芸術ジャンルでは、若手演奏家や歌手のコンサート、演劇などの舞台芸術をはじめ、写真や絵画の展覧会、映画の上映会などを行っています。毎年、演劇コンテストや短編映画・ドキュメンターリ映画祭も主催しています。とりわけアラブ文化のなかでも重要なアラブ音楽などの無形文化財の活性化に力を入れていて、日本の「琴」に似た伝統楽器「カーヌーン」のリサイタルやワークショップに取り組んでいます。ほかに、消滅の危機に瀕しているエジプト独特の民謡「マウワール」の復興にも努めています。先日公演を行ったところ、観客のなかには若い学生やサラリーマンなどもいて、少し手ごたえを感じました。

文学では毎年、小説のコンテストを行っています。このコンテストには、他のアラブ諸国からも多数の応募があります。今年度のコンテストで最優秀賞を受賞した作品は、モロッコの男性のものでした。エジプト文学といえば「詩」というほど昔は詩作が盛んでしたが、最近は若者の関心が薄れつつあるため、伝統文化の再生をすべく詩の朗読と舞台芸術を組み合わせたイベントを企画したり、ジャンルを超えた芸術活動にも取り組んでいます。そうしたイベントは入場料を無料にするなど金銭面での便宜を図り、人々の関心を高めています。

私は、スポーツも文化の一種として捉えています。勝ち負けが問題なのではなく、国民が互いに尊重し、交流する場を提供するものだからです。イスラムやアラブ文化に根づく武道や弓道の子ども向けの教室も開いており、今後は、竹刀を使う日本の剣道のような「タハティーブ」という武道の普及にも取り組んでいきたいと考えています。

──センターの利用者はどういった人たちですか。
私立学校や大学と共同でイベントなどを主催することもありますので学生の来場も多く、ほかにもさまざまな世代の人たちが利用しています。地元の演劇グループやプロデューサー、アーティストたち向けに劇場スペースのレンタルも行っており、イベントの演目も多彩です。無料プログラムもたくさんあり、とにかく誰もが楽しく鑑賞できるようチケットはできるだけ安価で提供しています。

幅広い利用者を対象にしている最大の目的は、一般の人たちと文化の距離を縮めたいと考えているからです。いちおう会員システムもありますが、会員も一般参加者も分け隔てなく、多くの人たちの意見やアイデアに耳を傾けます。実際に市民のアイデアによる新たな企画が生まれていますし、彼らの声を常にプログラミングの参考にしています。ある日、市民の一人が、「切手収集コンテストをつくってくれ」と言ってきたことがあります。私は彼に「そうですね、作りましょう。ただそれには、あなたが企画担当をしてくれることが条件です。センターは全面的に支援しますので、自ら参加してください」と言いました。
このように、システムやルールというのは自分たちの必要に応じて考え、自分たちで築いていくものだと思います。強制されるものではなく、自分たちで自由にできるはずなのです。大切なのは、常により良いものへの変革を求める高い志をもって、人間の自己啓発や、世論の問題意識と理解度を高めるという目的を達成することなのです。
 
| 1 | 2 | 3 |
NEXT
TOP