The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
ヴァルター・ホイン
Profile
ヴァルター・ホイン(Mr. Walter Heun)
1962年生まれ、ミュンヘン在住。85年から89年にわたり、ダンス・ミーツ・ミュンヘン(フェスティバル)、ダンス・エナジー(グループ)、ダンス・テンデンシー・ミュンヘン(スタジオ)などのディレクターを務める。また、90年には全独ダンスフェスティバルBRダンスを創始して中心的役割を果たす。94年からダンスプラットフォーム・ドイツの共同設立に参画し、隔年の開催地持ち回りフェスティバルとして、これまでに国内7カ所で実施。2000年にはスイスでのダンスプラットフォーム開催に協力するなど、数々のフェスティバル運営に携わる。
87年以来、コンテンポラリーダンスリサーチ・欧州ネットワークやダンスネットワーク・ヨーロッパで芸術監督(1994〜2000年)を務め、また、自ら90年に制作会社ジョイント・アドベンチャーズ、91年にナショナル・パフォーマンス・ネット(NPN)を設立するなど、欧州のコンテンポラリーダンスを中心とする舞台芸術の発展に寄与している。
現在、ダンスワークショップ・ヨーロッパおよびルサーン劇場振付センターのルサーン・ダンスプロジェクトのディレクターも務める。
http://www.jointadventures.net
タンツプラットフォーム・ドイツ
Presenter Interview
2007.1.22
Working to build an infrastructure for contemporary dance in Germany. Speaking with the founder of Tanzplattform Deutschland 
ドイツのコンテンポラリーダンスのインフラ整備に尽力 タンツプラットフォームの創設者に聞く 
80年代半ば、ヨーロッパのコンテンポラリーダンスが上昇気流に乗ると同時にドイツ・コンテンポラリーダンスも草創期を迎えた。当時、ミュンヘンを拠点としたダンス・テンデンシー・ミュンヘンのディレクターを振り出しに、全独ダンスフェスティバルBRダンスの実施、見本市&フェスティバルのダンスプラットフォーム・ドイツの創設などを主導してきたドイツ・コンテンポラリーダンスの仕掛人、ヴァルター・ホイン氏。ダンス・コミュニティの整備に尽力し、現在は制作会社ジョイント・アドベンチャーズを主宰するホイン氏に、ダンスにおけるフェスティバルと協働の意義について語っていただいた。
(聞き手:立木子、協力:ダンストリエンナーレTOKYO、(財)児童育成協会・こどもの城、(株)ワコールアートセンター)


──今回は、「ダンストリエンナーレTOKYO」のフェスティバル ディレクターズ フォーラム(主催:国際交流基金ほか)で来日されましたが、ご自身についてアーティストの一番の友人であり、プロデューサー、フェスティバル・ディレクター、コミュニケーター、エデュケーターであると自己紹介されていました。非常に多彩な仕事の内容ですが、まずは、コンテンポラリーダンスにかかわるあなたの経歴から教えてください。
高校時代にジャズダンスの授業に興味があったのですが、女子のみ受講できるクラスだったので、放課後に男同士10人ぐらいで集まってダンスをやっていました。作品をつくって、観客の前でパフォーマンスをしたこともあります。ダンスを続けたいと思い、兵役を終えてからダンススタジオを探してレッスンを受けるようになりました。大学に入ってからは、以前から興味をもっていた映画のゼミがあるシアター(Theater)を専攻しましたが、結局、ダンスへの興味の方が強くて卒論もダンスをテーマにして書きました。現存する最古のコンテンポラリーダンスの教育機関である「エリザベス・ダンカンスクール」が卒論のテーマです。

──ホインさんがダンスのキャリアをスタートさせた1980年代半ばというのは、ドイツのコンテンポラリーダンスにおいて重要な時期でした。ドイツのモダンダンス(タンツテアター)が衰退し始め、ヨーロッパのコンテンポラリーダンスが上昇気流に乗っていたころです。
はい。私もタンツテアターが円熟期にあったことを実感していました。もちろん現在もタンツテアターからすばらしい作品は生まれていますが、当時すでに芸術(表現)様式としてのピークを過ぎていたと思います。そのころ出てきたアーティストたちはタンツテアターとは違った新しいことを始めようとしていて、私はそこに関わり、徐々にプロデューサーやプロモーターとしての仕事をするようになっていきました。
最初は、不平不満を言うダンサーたちの話を聞きながら「じゃあこうしたらどう?」といった感じで彼らのコンセプトを紙に書き留めていただけでした。それが何頁にもなり、ミュンヘン市のコミッションを得て、「ダンス・エナジー」という集団を立ち上げることになりました。ダンス・エナジーは、振付家のミカ・プルッカーをリーダー格にした5〜6名の振付家集団で、私はマネージャーでした。

──当時のミュンヘン市はダンスについてどういう政策をとっていたのですか?
1985年のミュンヘンはある局面を迎えていました。当時、市がダンス全体に与えていた助成金は総額1万8000ユーロ(約2,880,000円)、折半で2カンパニーに与えられ、市は「この金額できることを・・・」と言うばかりでした。
それで、アーティストらは団結して地元カンパニーのプロダクションを集めたフェスティバルを始めました。そのフェスティバルでプルッカーが中心的な役割を果たしていたのですが、4週間の会期でチケットはすべてソールドアウトだったにもかかわらず、地元新聞社でレビューが取り上げられたのはたった1回だけ。これでは資金も話題も増やせない。それで、私はフェスティバルをもっと組織的に運営すべきだと提案しました。
その翌年から私がフェスティバル・ディレクターに就任し、会期を3週間に短縮するかわりに質的な向上を図り、メディアにも取り上げられるようになりました。これが地方のダンス・コミュニティのコラボレーションの第一歩でした。チケットが売り切れるたびに、「継続的なコラボレーションができれば、われわれははるかに良い仕事ができる」ということを市にアピールし、「場所とカンパニーが共同制作できる組織と、そしてもう少しの資金があれば・・・」と訴え続けました。
その結果、87年には、ミュンヘン市のダンス・コミュニティへの公的援助が前年の約10倍に増え、地元カンパニーのための「ダンス・テンデンシー・ミュンヘン」という1000平方メートルのスタジオが整備されました。私は、そこで6年間ディレクターを務めました。

──実に画期的ですね。
はい。そこにあるコンセプトは「コラボレーション(協働)」です。皆で集まれば、政治家のところへ行って「資金と施設を与えてくれれば、今よりずっと良い仕事をします」と直接アピールができます。ここでいうコラボレーションには芸術的な意味だけでなく、実務的な意味も含まれます。つまり、アーティストのニーズと、行政の方針と公的資金調達の可能性を照らし合わせ、それぞれを実現するために相手に圧力を加えることによって、両方をもたらす方策を試すのです。

──なぜミュンヘンなのでしょう。あなたがそこに住んでいるからですか。
私は1972年からミュンヘンに住んでいますが、実際何かを始めるにはどこでもいいんです。ミュンヘンは私の地元もあり、活気ある街でもあります。ラッキーなことに、市の文化局の担当者はダンスにたいへん関心を持っており、コミュニティを築く上でさまざまなサポートをしてくれました。現在も、その担当者はわれわれが必要な行政の理解を取り付け、支援してくれています。

──ダンス・テンデンシー・ミュンヘンのディレクターとしてどういった活動をされていましたか。
ダンス・テンデンシー・ミュンヘンは単なる地元カンパニーの創作のためのスタジオではありません。私はディレクターとして、そこを拠点にした5人の振付家たちのツアーのオーガナイズもしていましたが、もし誰もドイツのカンパニーを呼ぶことに興味がなくなってしまったら・・・ということをいつも考えていました。
それで、ディレクターになって2年後の1989年に、「ダンス・ミーツ・ミュンヘン」というフェスティバルを立ち上げました。600席のGasteigという文化センターで、地元カンパニーの、すでに評価されている作品を中心に上演し、とにかく連日連夜満員の状態が続きました。それは、ミュンヘンにとってはある種事件でした。そこで、これがコラボレーションとして大成功なのであれば、ミュンヘンだけでなく、ドイツ国内全土で実施すべきだと決意しました。そうして立ち上げたのが90年に開催した「BRダンスフェスティバル」です。このフェスティバルは、フランクフルトでメインのショーケースとシンポジウムを開催し、それと平行して15都市で地元のカンパニーによるショーケースを行うというものです。
準備として私は1年かけてドイツ中を旅し、あらゆる地域のプロデューサーに会いました。彼らにフランクフルトに来てほしいと説得し、最終的に15都市19人のプレゼンターを集めました。彼らとともにフェスティバルの運営に乗り出し、120公演を実現させました。このフェスティバルで上演された公演すべてが「コンテンポラリーダンス」です。私自身が手がけたのは、全体のコーディネートとスポンサー探しで、ポスター・パンフレットの制作含めすべての経費についてスポンサーから援助を得て実施しました。このとき私は、このフェスティバルのプロジェクトを実現するために、「ジョイント・アドベンチャーズ」という新しい会社を設立したんです。
 
| 1 | 2 | 3 |
NEXT
TOP