The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
Presenter Interview
New developments in the Japan Society, a promoter of exchange between Japan and the U.S. for 100 years
日米交流に尽力して100年 ニューヨーク、ジャパンソサエティの新展開
──ジャパン・ソサエティーには100年の歴史があります。スタートした時と現在では、役割も活動も大きく変わってきていると思います。
ジャパン・ソサエティーは、日露戦争でロシアという大国を相手に互角に戦った日本の存在を無視できないと思ったアメリカの実業家たちが、今後、両国が相互理解を図っていくためにはどのような組織があればいいかを日本の有識者と話し合って立ち上げたものです。今でこそ、「ソサエティー」という名称には違和感を覚えるところもありますが、当初は現在のような劇場施設をもっていたわけでもなくて、学者や文化人や政財界人といった指導的立場にある人たちに交流機会を提供するというのが主な活動でした。それに併せて生け花などの日本文化を紹介するイベントをホテルで催すとか、あるいは、少し変わったところで言うと、アメリカ人が日本に旅行するパッケージツアーを旅行会社に初めて企画させたのもジャパン・ソサエティーでした。
現在のジャパン・ソサエティーの基礎がつくられたのは、第二次世界大戦後、1952年にチェースマンハッタン銀行の頭取だったデービッド・ロックフェラー三世が理事長に就任してからです。53年にはパフォーミングアーツ部が発足し、そして芸術文化のプログラムのプロデュースに力を入れるようになります。1971年には吉村順三の設計による現在の社屋が誕生します。「ジャパン・ハウス」と呼ばれるこのビルには、劇場、ギャラリー、語学教室などが備わっており、当然、舞台公演のプログラムも自主事業としてプロデュース・主催するようになりました。
この100年を振り返ると、ジャパン・ソサエティーが日米の相互理解に果たしてきた役割は、大変大きなものだったと思います。例えば、メディア・フェロー(日米のジャーナリストの相互派遣と現地での取材コーディネートを支援)を受けたジャーナリストには今でも大きな影響力をもっている人たちが多数います。また、アメリカの中で「ジャパン・エキスパート」と呼ばれる多くの学者たちとの長年にわたる深いネットワークもあります。今でこそ、日米の文化の違いを理解した上で日本語を話せるアメリカ人、英語を話せる日本人も増え、また、インターネットで簡単に情報が入手できるようになりましたが、それまでは日本の水先案内人としての機能をあらゆる分野において果たせる機関はジャパン・ソサエティーだけであり、日本の最大のリソースセンターとして認識されていました。
しかし、今ではその置かれている状況は全く異なっています──と、少なくとも私は思っています。まず、かつてのアメリカ人の興味の対象は、圧倒的に日本の古典・伝統文化にありました。ところが今では、相変わらず「富士ヤマ・芸者」に興味をもつ人も入れば、アニメやマンガといった新しい「オタク文化」に興味を持つ人も激増しているし、一方ではテクノロジー大国や経済大国としての日本に興味のある人も多くいて、求められている情報が多岐に細分化されています。ここまで幅のあるものを「日本」というひとつの人格の中で扱わなければいけないというのは非常に大きな課題、チャレンジだと思っています。
その上、これだけ多様なものを扱わなければいけないのに、インターネットが発達した現在では、表面的な情報を見せるだけでは通用しなくなっています。つまり、現在のジャパン・ソサエティーには、日本のリソースセンターとして、どうすればこれだけ多様なものを日本というひとつの人格として見せられるか、また、どうすればインターネットで入手できるような情報ではなく、新しい発見がある情報の伝え方(プログラミング)ができるかという、新しい水先案内人の役割が問われているわけです。

──例えば、具体的にはどのような伝え方をされているのですか。
ジャパン・ソサエティーが村上隆のキュレーションによる展覧会『リトル・ボーイ展』を主催したとき、当初の準備段階では、当時の美術部門のディレクターをはじめ広報の担当も資金調達部のスタッフも、皆「ポップアート」という括りで紹介しようとしていた。でも、舞台公演の方でも連携したプログラムを企画していた私が「おたく」というテーマでプレゼンテーションすべきだと強く主張しました。「“おたく”なんて言葉ではアメリカ人には何の事だかわからないから“ポップアート”じゃないと訴求力が無い」と言うのが彼らの意見でしたが、英語でPop Artと言ってしまったらそれは「おたく」とは全く異なる概念のものです。ネガティブなものも含めて、日本のおたくという概念を正しく伝える見せ方をしないとジャパン・ソサエティーがやる意味はありません。表層に見えている部分だけで伝えてもダメで、前にも言いましたが、日本として全人格的に伝えようとするセンシティビティが必要です。
その上、現在の状況では、日本だけを見ていて日本が発見できると思っているのも大きな間違いです。かつては諸外国で活動していたアーティストは数えるほどだったかもしれませんが、今では、例えば世界のバレエ団をみても日本人のいないバレエ団を見つけるのは難しいくらいです。振り付けを踊っているだけでなく、自分で作品を作っている人の数も増えている。それだけ日本人が拡散して他の国の文化の中に入り込んでいるということは、ただ単に物理的にそこに日本人がいるというだけのことではなくて、そこで生まれてくる作品のどこかが日本的であったり、日本的な何かが変容を遂げた姿であったりするわけです。そういうことがあちらこちらで起こっている今日、日本国内で起こることを切り取って米国に紹介しているだけでは「いまの日本の全人格」を扱っていることにはなりません。
今、2009年秋か、2010年春ぐらいにヨーロッパ(もしくはドイツ)特集をやろうと計画しています。招聘を予定しているベルリンのカンパニーは、日本人女性とドイツ人男性が一緒に作ったグループで、二人はニューヨーク大学在学中に知り合いました。作品のテーマは日本ですが、英語で上演されていて、プロダククション・チームの大半はドイツ人。そして出演者には在NYの日本人や在ベルリンのダンサーが混じっています。こういう作品を安易に「日本のものだ」と単純なラベルを貼って見せることはできません。同時に「日本」というラベルを完全にはがしてしまうにはあまりにそのコアは「日本」です。つまり、こんな風に幅のある今の日本を提示することが肝要なのです。実は10年続けてきた「コンテンポラリー・ダンスショーケース・フロム・ジャパン」というプログラムも、“第二章”として今年から「ジャパン・アンド・イーストアジア・ショーケース」に衣替えし、台湾と韓国のダンスカンパニーと並べてプレゼンテーションすることにしました。このように、常に、世界というコンテクストの中で日本をどう見せていくかが問われていると思います。

──パフォーミングアーツ部の全体像についてお伺いしたいのですが、どのようなプログラムが実施されていますか。
おおよそ月1本ペースで、パフォーミングアーツのプログラムを主催・上演しています。ジャンルはコンテンポラリーの音楽、ダンス、演劇、および古典芸能と、すべてにわたっています。毎年継続しているプログラムとしては、日本のセゾン財団からの助成を受けて行っている現代演劇の公演とその米国ツアー、日本を代表する一流の演者による年1回の古典芸能公演、コンテンポラリー・ダンスショウケース、それから前衛音楽家のジョン・ゾーンがキュレートし、彼の「ザディック・レーベル・シリーズ」に参加している日本人を紹介するコンサート・シリーズ、日本の現代演劇の英語によるリーディング・シリーズ、非日本人に2年に1回、日本に触発を受けた新作を委嘱するシリーズ等があります。これらを取り混ぜて、半期ごとに違った切り口のテーマを設けて年間のシーズンを作り上げます。
 
BACK
| 1 | 2 | 3 |
NEXT
TOP