The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
マリ=エレーヌ・ファルコン
©Suzanne Langevin
マリ=エレーヌ・ファルコン氏
(Marie-Hélène Falcon)
「フェスティヴァル・トランスアメリーク」ディレクター


フェスティヴァル・トランスアメリーク(Festival TransAmerique)
http://www.fta.qc.ca/
Festival TransAmerique
Presenter Interview
2008.9.30
Interview with Marie-Helene Falcon, Director of TransAmeriques, the leading performing arts festival in Canada’s Quebec Province 
カナダ・ケベック州の舞台芸術を牽引するフェス トランス・アメリークのM・H・ファルコンに聞く 
住民の8割以上がフランス語を母国語とするカナダのケベック州。ロペール・ルパージュ、シルク・ドゥ・ソレイユなど多くのアーティストたちを輩出しているこの地は、100万人を動員するモントリオール・ジャズ・フェスティバルをはじめ多くのフェスティバルが開催されていることでも知られている。1985年創設以来、アメリーク演劇祭のディレクターを務め、2007年からはダンスも含めたフェスティバル・トランスアメリークを率いるマリ=エレーヌ・ファルコン女史に、ケベックのフェスティバルの道のりと、ケベッカー・アーティストたちの世界的な成功の背景について聞いた。
(インタビュー:2008年6月6日、聞き手:藤井慎太郎/早稲田大学准教授)


──アメリーク演劇祭が、略称のFTAはそのままにフェスティバル・トランスアメリークに生まれ変わって2回目のフェスティバルが15日間の日程を終えて、昨日(2008年6月5日)閉幕したところです。まだ興奮も覚めやらぬところ、総括するのも大変かもしれませんが、全体の感想を聞かせてください。
 今年のフェスティバルにはとても満足しています。2週間の会期中、市民の皆さんが熱意と興味をもって我々とともにあらゆる分野にわたってクリエーションという冒険をしてくれました。全体の数字を集計したばかりなのですが、今年は去年よりも観客も増えて、野外の無料公演を除いて、のべ16000人を超える観客が集まりました。客席稼働率は平均して75%でしたが、全公演のうちほぼ半分は満席でした。それに加えて、無料公演の観客は全部で8000人ほどだったと見ています。フランスの人口はケベックのおよそ8倍ですが、そのフランスを代表するアヴィニョン演劇祭の観客数がのべ10万人ちょっとであることを考えれば、立派な数字だといえるのではないかと思っています。それにさっそく今朝、フランス語日刊紙『ラ・プレス』に、とても好意的なフェスティバル総括が大きく掲載されました。率直に、とても喜んでいます。
 アメリーク演劇祭は1985年の創設以来、私がディレクターを務めてきました。以前は隔年開催で、中間の年には小規模の演劇祭テアトル・デュ・モンドを開いていたのですが、昨年から毎年開催に変わりました。毎年フル規格のフェスティバルを準備するのは、スケジュール的には大変なことは大変ですが(笑)、フェスティバルにとっては毎年開催されたほうがみんなの頭の中に残りますから、幸運なことでした。

──なぜ、アメリーク演劇祭をダンスを含めた新しいフェスティバルに衣替えしたのですか?
 アメリーク演劇祭と同時期に創設された国際ヌーヴェル・ダンス・フェスティバルがいろいろな事情で解散してしまったときに、国、州、市町村がその後継となるフェスティバルの企画を募集しました。それで、私が演劇とダンスの両方にまたがるフェスティバルの企画を出しました。かなり大胆な企画でしたので、それが承認されたときにはとても驚きましたが、もちろん、ものすごくうれしかった。
 アメリーク演劇祭は演劇作品が中心ではありましたが、それでも時々ダンスの作品を紹介していました。たくさんダンスの作品を見ているうちに、演劇にはない魅力というのをより強く感じるようにもなっていました。ケベックはほんとうにダンスが盛んでおもしろいところです。実は、カナダでつくられるダンス作品の半分は、ケベックのアーティストがつくっているんです。ただ、当時は予算の制約もあったので、ダンスの作品は思ったほどプログラムすることはできませんでした。

──そういえば、以前、アメリーク演劇祭でアラン・プラテルが振り付けた作品『バッハと憂き世』を見て大きな衝撃を受けたことを覚えています。ダンスと呼ぶのがふさわしいのかももはやよく分からない作品でしたけれど。
 私は、領域を越えること、境界を越えていくものに興味を感じるんです。演劇やダンスといった芸術ジャンルの境界線を越えることもそうですし、通常の劇場から劇場らしくない空間へと越境していくこともそうです。
 今回のフェスティバルでも、通常の劇場の中で行われる作品のほうが多いことは多いのですが、プラス・デ・ザールの屋外空間を使った作品(ノエミ・ラフランス振付)、旧港地区の倉庫で上演される作品(ポール=アンドレ・フォルティエ振付)、路上空間とショーウィンドーを使ったパフォーマンス(マリアノ・ペンソッティ演出)などをプログラムに入れています。
 このフェスティバルのミッションとも関わることですが、「現代における創造(cre´ation contemporaine)」を見せたいし、感じてもらいたいんです。観客がこれまで知らなかったものと出会い、新しい自分や自分の街を再発見できる場にしたいと思っています。そして、まだ知られていない文化の作品や若い才能を、もっとみんなに知ってもらいたいですね。
 
| 1 | 2 | 3 |
NEXT
TOP