The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
スーザン・ワズワース
スーザン・ワズワース氏
(Susan Wadsworth)


ヤング・コンサート・アーティスツ
http://www.yca.org/
ヤング・コンサート・アーティスツ
Presenter Interview
2009.9.9
A gateway to recognition for young musiciansLooking at Young Concert Artists in today’s music world 
若手演奏家の登竜門 ヤング・コンサート・アーティスツの現在 
物心つくかつかないかくらいから始まった、修行と競争の日々を20年あまり続けた果てに、音楽大学を卒業しても、プロフェショナルな音楽家としてのキャリアを歩み出せるかどうか、誰ひとり確信をもてない。クラシック音楽の演奏家のこうした状況に対して、一石を投じたのが1961年に設立されたアメリカを代表するNPOのひとつ「ヤング・コンサート・アーティスツ(YCA)」である。YCAは、オーディションにより若く、無名ではあるが才能のある演奏家を選考して世に送り出すという、音楽家のキャリアを支える活動を行っている組織として耳の肥えた聴衆やクラシック業界の関係者に広く知られている。そこを「卒業」したアーティストたちのリストを見ると、名前の通った演奏家を毎年のように輩出しており、その仕組みの正しさを証明している。日本人演奏家を拾ってみても、60年代から70年代には今井信子(ヴァイオリン)をはじめとし、岩崎洸(チェロ)、戸田弥生(ヴァイオリン)、アン・アキコ・マイヤース(ヴァイオリン)、東京クヮルテット、最若手ではチャイコフスキーコンクール優勝者であるヴァイオリニストの神尾真由子など。修行時代を終えて、現実の世界に出てきたばかりの若者たちにとって、YCAの役割と存在感は未だ変わらないとはいえ、それを取り巻く状況は急速に変わっている。シャネルタワーで本年6月に開かれたYCA Tokyo Festivalのために来日した創設者スーザン・ワズワースとYCAアソシエイト・ディレクターのマーク・ヘイマンに、若い音楽家の現状と、このユニークな組織が果たしてきた役割について語ってもらった。
(聞き手:箕口一美)


──ワズワースさんは、才能のある音楽家は聴衆に聴いてもらうべき、聴いてもらって気に入ってもらえれば間違いなく次のチャンスを掴めるし、それがその先の成功にも繋がるという信念でYCAを創設されました。2011年に創立50周年を迎えますが、この間を振り返って、YCAの役割がどのように変わってきたと思われますか?

ワズワース(以下W):音楽の世界の変化は暴力的なまでの凄まじさです。(YCAを)始めて10年ほどの間は、アーティストが素晴らしければ、例えばリチャード・グードのような人であれば、大手マネジメントに行って「こういう人がいて、お勧めですよ。こういうふうに演奏する人で、素晴らしい才能のアーティストだから、ぜひマネジメントを」と言えば、そうなったものでした。マネージャーを演奏会に招待して聞いてもらって、彼らが気に入れば、専属契約に結びついた。指揮者に直接電話して、「このピアニスト、あるいはこの演奏家を聞いてほしい」と言えば、聞きに来てくれました。今は全然だめです。
 神尾真由子がニューヨークタイムズやワシントンポストのレヴューの常連として名を連ねるようになってきた頃、ニューヨーク・フィルの関係者に電話しました。そうしたら、なんと音楽監督のロリン・マゼールに彼女の演奏を聞いてもらう試演の機会を得ることができたんです。こういうことはなかなか難しく、私も普段ほとんどやりません。いずれにせよ、真由子はマゼールの前で演奏し、コンチェルトの全楽章を聞き終えた彼は言ったものです、「信じられないほどの素晴らしさだ。彼女のスケジュールを教えてほしい」と。それで私はすぐにスケジュールを渡し、その後もフォローしました。でも、それっきり彼からは連絡がありませんでした。
 翌年ニューヨーク・フィルの公演スケジュールが発表になって、わかりました。聞いたこともない、アジア人の若い女性のヴァイオリン奏者が出演することになっていたのです。今は若いアジアの女性ヴァイオリン奏者が山のようにいますものね!
 ヴァイオリンだけをとってもこうですし、どの楽器にも今や目を見張るような才能にあふれた若いアーティストは本当にたくさんいます。有名なオーケストラにしてみれば、有名アーティストの中からいくらでも選ぶことができます。まるっきりの新人とやってみようというのは稀です。冒険はできるはずですが、チケットの売上を優先せざるを得ません。
 マネージャーもあまり新人と契約したいと思っていないかもしれません。彼らがすでに抱えている人たちには、超大物がいて、これからが期待されるそこそこの人たち、そして若手も何人かいる。彼らのコンサートを開いたりプロモーションしたりするのに一生懸命です。昔のマネージャーは、アーティストを信じ、その素晴らしさを伝える言葉をもっていました。それに対してメディアも興味をもっていました。最近は、新聞に「人」に対する興味を失った記事ばかりで、読者はただ情報というものに飽き飽きしています。ですから、アーティストが有名でも新人でもその人柄を広く知ってもらうことが本当に大切なのです。

ヘイマン(以下H):今でもみんな、そういう広報をしたいと思っています。でも、世界中どこでも同じですが、広報担当がつくるそういう雰囲気が、かつての何千倍の数、存在しているということなんです。ひとりの人がさらされている情報の断片は何百万とあって、これはすごいんだぞということを言い立てようとしても、大量の情報の中で目立つのは大変なことになってしまっています。

──そんな淀んだ状況でも、コンクールやオーディションで次々新人が出てきますよね。

W:アメリカだけでも今は何百というコンクールがあります。YCAのアーティストにはよくこう言ってコンクールを受けさせます。これがキャリアの始まりになるなどと思わず、そういう意味では役に立たないけれど、優勝すればちょっとした額の賞金がもらえて──それは悪いことではないです──経験も積めますよ、と。キャリアにプラスになることをするのが私たちの仕事です。若いアーティストが賞を取ったり、奨学金を得たり、いい批評をもらったりという情報をプロモーションの材料として、演奏の機会を得る手助けをしています。YCAが若いアーティストに提供しているものは、コマーシャルのマネージャーがしていることと同じです。ただし、私たちは無償であり、自分たちの組織のためにファンドレイズもしていますから、アーティストのギャラからコミッションを得ようと腐心することもありません。
 もうひとつ以前と違ってきているのは、演奏家たちがYCAに留まる期間が長くなっていることです。本格的キャリアを始めるのがどんどん難しくなっていますから。マネージャーがつかなくても独立していく場合は、人々に認められて、仕事が来るようになったからです。これまでの仕事やYCAでの経験を通じて知り合った人々との関係によっていい仕事を自分でつくっていくほうが有望ということもあるのです。音楽家たちは前よりずっと起業家精神をもつようになっていて、自分で音楽祭を始めたりする人もいるほどです。
 
| 1 | 2 | 3 |
NEXT
TOP