The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
アラン・パレ
アラン・パレ氏(Alain Paré)

CINARS(Conference Internationale des Arts de la Scene)
カナダ・ケベック州のモントリオールでカナダの舞台芸術を海外に普及することを主な目的に隔年(11月)で開催されている国際舞台芸術見本市。「プラットフォーム(Platform)」と「フォーラム(Forum)」で構成されており、「プラットフォーム」では、各国から参加するダンス、演劇、音楽、マルチディシプリナリー・アーツなど、約30のショウケースと約150団体のブース・プレゼンテーションが行われる。 また、「フォーラム」では、資金調達やネットワーキングに関する勉強会やワークショップが開催され、プロフェッショナルな交流や情報交換が行われる。会期中には「オフ・シナール(OFF CINARS)」と呼ばれる自主公演が市内30カ所以上で行われ、カナダ国内外から多数のアーティストたちが集う。
http://www.cinars.org/
CINARS
Presenter Interview
2010.5.28
CINARS, over a quarter of a century  The vision and accomplishments of founder Alain Pare 
CINARS四半世紀の歩み 創設者アラン・パレの挑戦 
CINARS(International Exchange for the Performing Arts)は、カナダ・ケベック州のモントリオールで隔年に開催されている国際舞台芸術見本市だ。1984年にカナダの舞台芸術を海外に普及することを主な目的にスタートしてから四半世紀。いまでは世界約60カ国から1,000人以上のアーティストやプレゼンターらが集う世界最大規模の見本市の一つに成長した。創設者のアラン・パレにその歩みとCINARSが果たしてきた役割について聞いた。
(聞き手:吉田恭子[日米カルチュラル・トレード・ネットワーク・ディレクター])


海外市場の開拓を目指したシナール

──CINARS(シナール)は、1984年にケベック州モントリオール市に設立された舞台芸術の見本市として知られています。そもそもの設立の経緯から聞かせていただけますか。

 シナールの創設当時は、カナダの舞台芸術のために非営利のサービス組織とイベントをつくること自体が重要でした。カナダは広大な国土をもちますが、人口は僅か3,400万人です。米国は、カナダより狭い国土に人口3億人なので国内の需要で興行が成り立ちます。でもカナダでは、モントリオール、トロント、バンクーバーなどの大都市を除き、中小都市の場合、興行で採算はとれません。モントリオールでさえ、例えばロベール・ルパージュの作品が上演される場合でも公演回数は6回くらいが限度です。観客数つまり需要が限られているので、舞台芸術のサバイバルのために海外市場の開拓と需要を生み出すための仕組みが不可欠だったのです。
 それで、シナールを立ち上げ、海外からプレゼンターや企画担当者を呼んで、アーティストの作品を見せました。目論見は当たり、ラララ・ヒューマン・ステップスやルパージュをはじめとした様々なカンパニーやアーティストの作品が注目され、海外から招聘されるようになりました。その成果は私たちが期待した以上の驚くべきものでした。今では、カナダのアーティストは海外からの需要が多く、カナダ国内をほとんどツアーしなくなりました。ルパージュも、ヒューマンステップスも、また、例えばダンスカンパニーが新しい作品をつくる場合なども、基本的にカナダ国内は新作のためのラボラトリー(実験室)という構図になっています。

──シナールは、ケベック州やモントリオール市がイニシアチブをとって創設したのですか。
 シナールは私が個人で始めたものです。当時、私はモントリオールのフランス協会(French Association)のプレジデントをしていました。そのような会合で、「プラットフォーム」(後述)の必要性について話し合ったのがきっかけでした。幸い、私はケベック州の文化大臣(Minister of Culture)と懇意にしていました。彼は芸術家の支援に熱心で、シルク・ド・ソレイユに100万ドルの経済支援をしたこともあります。州のサポートを得て、第1回目のイベント開催が実現しましたが、最初はとても小規模で、5、6カ国から50人ほどが集まっただけでした。それがどんどん大きくなり、忙しくなったので、私は自分の会社を売って、シナールに専念することにしました。

──パレさんご自身は、シナールを始める前は何をされていたのですか。
 私は、モントリオールの大学でコミュニケーションとマーケティングを勉強した後、プロモーターとプレゼンターの仕事を始めました。スタッフもいて、1年に400公演くらいを上演し、カナダ国内だけでなく海外での公演ツアーも手がける比較的大きな会社でした。その仕事を数年続けた後、私は、シナールのようなシステムとイベントが必要なことに気がついたのです。まだ若くて、ナイーブで、何に首を突っ込んだのかもわからないまま、奇妙なアドベンチャーを始めてしまったわけです(笑)。

──ケベック州はフランス語文化圏で、フランス語とその文化を継承し、発展させていく意識の高い土地柄ですが、そのこともシナールの誕生に関係していますか。
 はい。シナールを始めた頃というのは、ちょうどケベック以外、つまり英語文化圏のカナダで、米国アーティストのコピーのような作品が盛んになってきた時期でした。ケベックのダンスの振付家や俳優、劇作家たちは、「私たちは他の英語圏のカナダとは違って、フランスを含めたヨーロッパ系文化の影響が強い」と言い、私たちはパワフルなアメリカ系文化と競争するには、「違うもの、新しいもの、独自のもの」が必要だと話し合いました。
 そうしたビジョンに基づいて生まれたカンパニー、例えば、シルク・ド・ソレイユは、動物を登場させず、洗練された振付を導入して、既存のサーカスとは全く違う新しいサーカス芸術をつくり、人気を得ました。また、ケベックは、ラ・ラ・ラ・ヒューマンステップスやオー・ヴァーティゴ(O VERTIGO)、カンパニー・マリー・シュワナード(Compagnie Marie Chouinard)などを輩出し、「ダンスを変えた州」とも言われました。私自身、最初に彼らの作品を観た時はショックを受け、このような作品は誰からも受けないし、プレゼンターも上演しないのではないかと思いました。しかし予想に反して、彼らの作品はこれまでにない需要を掘り起こしました。ちょうど若い世代が新しい芸術を求めていたのでしょう。既存の確立したクラシック芸術ではなく(もちろんそれが悪いというのではないですが)、刺激的な新しい芸術表現に多くの人々が惹きつけられました。そして、海外からシナールに参加したプレゼンターたちがそれを見て、「これは自分の国にはない表現だ。自国の観客に見せなければ、フェスティバルで上演しなければ!」と、とても大きな反響を呼びました。

──それは、ケベックの芸術の新しいアイデンティティになったと言えますか。
 そうです。その頃から今に至るまで、カナダの他の地域では「ケベックは特別だから」とか、「ケベックと比べられては困る」と区別するようになりました。現在、国外をツアーするアーティストの約80パーセントが、ケベック州のモントリオールのアーティストです。ケベック州政府が、そのような新しい芸術の創造、制作に、多大な支援をしたからこその結果でもあります。それは、オンタリオや他のカナダの州や欧米に比べても、ずっと大きな支援です。他の州は、長期的に芸術に投資してこなかった。そこが大きく違います。
 
| 1 | 2 | 3 | 4 |
NEXT
TOP