Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
アジアン・カルチュラル・カウンシル
data
アジアン・カルチュラル・カウンシル(Asian Cultural Council)
Asian Cultural Council
New York Office
437 Madison Avenue, 37th Floor
New York, New York
USA 10022-7001
Tel: (212) 812-4300
Fax: (212) 812-4299
acc@accny.org
http://www.asianculturalcouncil.org/

Tokyo Office
Asian Cultural Council
〒104-0061
東京都中央区銀座1-16-1
東貨ビル8F
Tel: 03-3535-0287
Fax: 03-3535-5565
jusap@gol.com

Hong Kong Office
Asian Cultural Council
Hong Kong Arts Program
One Hysan Avenue, Suite 1503
Hong Kong
Tel: (852) 2895-0407
Fax: (852) 2576-7206
acchk@netvigator.com

Taipei Office
Asian Cultural Council
Taiwan Fellowship Program
303 Chung-Hsiao E. Road, Sec. 4, Fl 10-2
Taipei, Taiwan 106
Tel: (886) 2-8771-8836
Fax: (886) 2-8771-8844
acctpe@tpts4.seed.net.tw
Arts Organization of the Month今月の支援団体
2007.1.22
アジアン・カルチュラル・カウンシル 
アジアン・カルチュラル・カウンシル(Asian Cultural Council: ACC)は、個人や団体を対象にした助成フェローシップを通してビジュアルアーツおよび舞台芸術の分野における、アメリカ・アジア諸国間の文化交流を支援する財団。ニューヨークに本部を置き、東京、香港、台湾に事務局がある。ACCは、1963年にジョン・D・ロックフェラー三世によって設立され、その後44年にわたり、4000人を越えるアメリカ・アジアのアーティストを支援している。財団の事業は、アメリカおよびアジアの個人、財団・企業などからの寄付を主な財源として運営されている。

主な助成プログラムとして、アジアのアーティスト、学術研究者、芸術関係の専門家が、アメリカで調査、研究、視察、および創作活動を行なうためのフェローシップを提供。また、同様の活動をアジアで行なうアメリカのアーティスト等と、アメリカ・アジア間の文化交流に重要なプロジェクトを実施する芸術団体および教育機関を対象に助成している。少数だが、アジア地域内における文化交流活動に対しての助成も行っている。
現在提供されているプログラムは下記のとおり。日本、台湾、香港、フィリピンについては、対象国別のプログラムを提供している。

ACC フェローシップ&プロジェクト   ACC Fellowships and Projects
ACC レジデンシー・プログラム   ACC Residency Program in Asia
アジアアート&宗教フェローシップ・プログラム   Asian Art and Religion Fellowship Program
フォード財団フェローシップ・プログラム   Ford Foundation Fellowship Program
香港アーツ・プログラム   Hong Kong Arts Program
ヒューマニティーフェローシップ・プログラム   Humanities Fellowship Program
日米芸術交流プログラム   Japan-United States Arts Program
メコン地域フェローシップ・プログラム   Mekong Region Fellowship Program
フィリピンフェローシップ・プログラム   Philippines Fellowship Program
スターファンデーションフェローシップ・プログラム   Starr Foundation Fellowship Program
台湾フェローシップ・プログラム   Taiwan Fellowship Program
ロックフェラー三世アワード   John D. Rockefeller 3rd Award

ACC フェローシップ&プロジェクト(ACC Fellowships and Projects)には、個人助成と団体助成がある。
個人フェローシッププログラム
アメリカにおいて調査、研究、専門的な研修、視察旅行、創作活動を行うために助成を希望するアジアのアーティスト、学術研究者、芸術専門家、また、アジア地域の芸術、文化を研究し、理解を深める目的で同様の活動を行おうとするアメリカ人アーティスト、学者、専門家は申請資格がある。助成期間は1〜6カ月で、助成金には往復航空運賃費、国内での旅費、滞在費、本・資料代等の雑費が含まれる。アジアからのフェローには医療保険も支払われる。他からも助成を受ける場合、一部のみフェローシップを提供することがある。展覧会、公演、大学学部留学、自国で行なう活動については、助成対象とはならない。
団体助成プログラム
アジア・アメリカ間の文化交流に極めて重要なプロジェクトに対し、芸術団体及び教育機関は助成金を申請することができる。個人プログラムを中心としているため、団体への助成は規模が小さい。

助成の対象範囲は、伝統芸術と現代芸術の両方における、絵画、彫刻、写真、版画、音楽、ダンス、演劇、映画、ビデオ、芸術史、修復、文学、工芸、美術館学、考古学、建築学など。芸術教育、コマーシャルデザイン、マス・コミュニケーション、ランドスケープ、建築、都市計画、フィルムやビデオの制作は助成対象とはならない。

日本とアメリカ間のフェローシッププログラム「日米芸術交流プログラム」の概要は下記のとおり。
日米芸術交流プログラム(Japan-United States Arts Program)
ACCの日米芸術交流プログラムは、日米の文化交流促進を主眼としている。同プログラムは、セゾングループから、国際交流基金を通して寄付された基金で実現している。1989年以降は、セゾン文化財団から年間助成を得て、本プログラムのアメリカ側の活動はニューヨーク本部が行ない、日本側の活動は東京事務局が実施。
[申請要領]
申請を希望する個人及び機関は、住所、名前、電話・FAX番号、活動分野(例 美術:絵画、音楽:作曲)を明記のうえ、助成を希望する活動概要を下記まで送付のこと。
[日本国内の申請問い合わせ]
Asian Cultural Council
〒104-0061東京都中央区銀座1‐16-1 東貨ビル8F
Tel: 03-3535-0287
Fax: 03-3535-5565
 
TOP