The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Archive Index Home
Topics
2010.10.22
Presenter  Topics
快快の『My name is I love you』がチューリヒ・シアター・スペクタクルの新人賞「ZKB Patronage Prize」を受賞
  スイスの国際舞台芸術フェスティバル「チューリヒ・シアター・スペクタクル」の新人賞「ZKB Patronage Prize」を快快の『My name is I love you』が受賞した。受賞者の未来の活動を支援するため授与される賞金は30,000スイスフラン(約250万円)で、これまでの受賞者はStefan Pucher、400asa、Marco Berrettini、Sarah Michelson、生活舞踏工作室、Young Jean Leeなど。日本人では初の受賞となる。

 審査基準は「ユニークな世界を舞台上に創り出していること」と「ユニークな舞台芸術表現の発展と成果ある探究へのポテンシャルを作品が示していること」。受賞理由は以下のとおり。
 「『My name is I love you』はハイテクで資本化された世界における日常生活を表現力豊かに描写しており、ストーリーテリングの実験的で、高速で、軽快で、エキサイティングな形式を成立させている。超領域的で新鮮なやり方で、このカンパニーはマンガ、身体言語、ヴィデオアートなどのジャンルを混ぜ合わせている。舞台のポップな美学的、感覚的刺激は、東京の都会のジャングルで生きるハイテク世代の若者のけばけばしいライフスタイルを反映している。ここでは、主体は金銭と愛を同一視する消費者的ライフスタイルを通して自己を確立するのである。快快は成果主義社会の幻惑や倒錯と戯れ、それを巧みにスタイリッシュで、ユーモラスで、紋切型のパフォーマンスへと変容させる。半分人間、半分ロボットのようなパフォーマーたちは操り人形のように見え、消費社会と愛への憧憬の馬鹿馬鹿しさを反映している」。
 なお、「ZKB Acknowledgement Prize」(賞金:5,000スイスフラン)はブラジルの振付家Marcela Leviに授与された。

「ZKB Patronage Prize」ノミネート作品
ジェコ・シオンポ & JeckoSDance(インドネシア)『Terima Kos』
快快(日本)『My name is I love you』
庭劇団ペニノ(日本)『苛々する大人の絵本』
Tabea Martin & Matthias Mooij(スイス/オランダ)『sofort geniessen』
Marcela Levi(ブラジル)『around the hole everything is edge』
ピチェ・クランチェン・ダンス・カンパニー(タイ)『Nijinsky Siam』
「ZKB Patronage Prize」審査員
Jetse Batelaan(演出家、ロッテルダム)
Sandrine Kuster(俳優/フェスティバル・劇場ディレクター、ローザンヌ)
丸岡ひろみ(プロデューサー、東京)
Simone Truong(振付家/ダンサー、チューリッヒ)
Ariane von Graffenried(作家/言語パフォーマー/演劇研究家、ベルン)
チューリヒ・シアター・スペクタクル(Zurcher Theater Spektakel)
http://www.theaterspektakel.ch/
TOP