The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Archive Index Home
Topics
2014.1.7
Japan Topics
TPAM in Yokohama 2014(国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2014)詳細決定
 
 舞台芸術に携わるプロフェッショナルのための国際的なプラットフォーム「TPAM in Yokohama 2014」が、2月8日から16日まで、ヨコハマ創造都市センター(YCC)、KAAT神奈川芸術劇場、BankART Studio NYK、横浜赤レンガ倉庫1号館、STスポットをメイン会場に開催される。
 若手プレゼンター(野村政之・横堀ふみ・大平勝弘・宮永琢生)によるショーケース「TPAMディレクション」は7作品をラインナップ。野村は蓮沼執太と範宙遊泳の2作品、宮永は濱田英明・瀧澤日以・柴幸男のコラボ作品、大平は伊藤キム山下残、酒井幸菜・白神ももこの2作品、横堀は筒井潤とショーネッド・ヒューズの2作品を紹介する。
 海外の舞台芸術団体との提携による「インターナショナル・ショーケース」では、フランス、韓国、フィンランド、中国から4作品が参加。演出家ジョリス・ラコストと青年団の国際共同制作による「話し言葉の百科全書」、韓国の伝統的オペラ「ヨソン・グック(女性国劇)」をテーマとしたチョン・ウニョン演出による舞台作品、上海の旧市街で上演されたシャオ・クゥとチョウ・ツゥ・ハンによる8時間に及ぶパフォーマンス・アート作品などが上演される。
 また、同時期に横浜・東京エリアで行われる公演を紹介する「TPAMショーケース」では、横浜ダンスコレクションEX 2011 Competition I 作品部門にて審査員賞を受賞した捩子ぴじんの新作、マームとジプシーの新作、多田淳之介の代表作『再/生』のダンスバージョン、シアターカンパニー・アリカ、二階堂瞳子率いる革命アイドル暴走ちゃんの最新作などが並んでいる。
 その他、国内外のプレゼンターとのネットワークを広げる機会を提供する「TPAMエクスチェンジ」、「舞台芸術制作者ネットワーク・ミーティング」の総会、「舞台芸術AIRミーティング」のシンポジウム等の提携事業も開催される。詳細及び参加登録は下記サイトへ。
TPAM in Yokohama 2014(国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2014)
http://www.tpam.or.jp
TOP