The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Artist Database
松田 正隆
Born: 1962
Function: 演出家 劇作家
Company: マレビトの会


Profile:
長崎県出身。立命館大学在学中に演劇活動を始め、1990年に京都で劇団「時空劇場」を結成。97年の解散まで全作品の作・演出を務める。初期は郷土・長崎を題材に、長崎弁を使った会話劇を執筆。日常的な設定と淡々とした台詞回しの中で、無意識に潜む人間の業、生の呪縛を描き切る力量は卓抜している。受賞歴も多く、96年岸田國士戯曲賞を受賞した『海と日傘』は、2003年に韓国人演出家・俳優でも上演。日本の戯曲として初めて韓国の演劇賞・東亜日報演劇賞を受賞した。04年、京都で「マレビトの会」を結成し演出活動も再開。宗教や戦争、国家にまつわる記憶や歴史をモチーフにしながらも明解な物語は廃し、舞台上に現れる非日常の世界から現代のリアルを照射する創作を展開している。07年の『クリプトグラフCryptograph 』はカイロ、北京、上海の海外三都市公演を敢行。
http://www.marebito.org/







撮影:平野愛(2003年3月/京都芸術センター)
海と日傘
1994
佐伯洋次・直子の夫婦は九州地方の川の流れる小さな町に住んでいる。洋次は売れない作家。夏の日、体調のすぐれない直子を気遣い、洋次は彼女が置き忘れた日傘を探しに行く。だが彼の留守中、家主の瀬戸山夫妻が立ち寄ったその間に直子は倒れてしまう。病気は重く、直子は床から離れられなくなった。それでも近しい人々に見守られ、二人の日常は穏やかに過ぎて行く。だが小康状態の直子と海への小旅行に行くその日、洋次に思いを寄せる前担当編集者・多田が現れて……。

初演年:1994年
幕/場数:1幕6場
キャスト:8人(男4・女4)
初演カンパニー名:時空劇場



撮影:橋本裕介(2007年9月/カイロ国際実験演劇祭)
クリプトグラフ
2007
2本の石柱がそびえる、廃墟にも遺跡にも見える場所。4人の娼婦が旅人らしい男を誘惑するように服を脱いでいく。と、別の男が2人現れ、最初の男を刺し殺す。女たちは死体の身包みを剥がしながら、メールで送られてくるセックス広告の一節を叫ぶ。殺人が通過儀礼だったかのように、男女はさまざまな「架空の都市」についての報告と証言を始める。亡霊都市と原爆都市、声紋都市と風紋砂漠、写真都市、秘密都市……。語られる都市の記憶は、解読を拒否する「暗号」として堆積し、新たな都市の記憶へと連結していく。

初演年:2007年
幕/場数:1幕
キャスト:7人(男3・女4)
初演カンパニー名:マレビトの会


TOP