The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Japanese Drama Database
Japanese Title: 小町風伝
English Title: The Tale of Komachi Told by the Wind
Author: 太田 省吾
Author's Profile: 劇作家、演出家。1939年、中国済南市生まれ。学習院大学政経学部中退。高校時代に書いた戯曲が大学のサークルで上演され、芝居に関るきっかけとなった。
1968年、劇団「転形劇場」を創設、70年から主宰。同年、その上演台本として書いた「乗合自動車の上の九つの情景」が処女戯曲となる。1977年、能楽堂にて初演された本作「小町風伝」で、翌78年、第22回岸田戯曲賞を受賞。劇団は1984年に第19回紀伊国屋演劇賞団体賞を受賞するが、1988年に解散。1990年、湘南台文化センター市民シアター(神奈川県藤沢市)の初代芸術監督に就任(2000年に辞任)。
現在、京都造形芸術大学芸術学部映像・舞台芸術学科教授。日本劇作家協会理事。代表作に「水の駅」、「↑(やじるし)」など。
海外公演、共同プロジェクトなども盛んに行ない、また『飛翔と懸垂』(1975年)他、演劇論集も上梓している。
First Performance:   1977年1981年、ロンドン/ストックホルム1987年、パリ
Performance time:  
Acts / Scenes: 15
Cast: 老婆ほか総勢20人


能「卒塔婆小町」に拠る。現実と錯綜しながら映し出される、ひとりの老婆の饒舌な心象風景。ただし老婆は終始一言も言葉を発しない。
襤褸の十二単をまとった老婆が、風に身を任せるように一足一足ゆっくりと登場する。老婆は夢と現の間にいて、若かった頃の自分を思い返している。半回転遅らせたヴィヴァルディ「ピッコロ協奏曲イ短調」が流れると、老婆の夢の中の登場人物達が様々な家具を運び込み、老婆の部屋をつくりあげる。老婆はゆっくりと目醒め、日常生活を始める。部屋の蓄音機からはエディット・ピアフの「バラ色の人生」が流れ、老婆はインスタントラーメンを作りながら、昔自分を愛した少尉のことを考える。軍服に身を包んだ少尉が現れ、やがて曲はダミアの「暗い日曜日」へと変わり、老婆はかつてのふたりの記憶を辿る。しかしそこに、現実の住人であるアパートの大家が訪ねて来て、老婆の幻想を破る。

続いて、老婆の隣室に住む家族のやりとりが展開する。日常生活にうまく馴染めない息子を父親が叱りつけ、姉がとりなしており、隣でそれを聞いている老婆は息子を案じ、また愛しく思っている。やがてその幻想は、舞台上で男(息子)と老婆とが無言で濃密な逢瀬を楽しむという形をとるまでになる。ところがそれも、医者と看護婦という現実の住人の登場によって打ち破られる。医者と看護婦は、大家に老婆がなかなか死なない理由を説明しているが、老婆の蓄音機からフォークダンスの音楽を引き出し、現実を無化しようとする医者らは踊りながら去っていく。さらに老婆自身の部屋である現実空間が崩れ、運び去られ、舞台からは現実が失せ、老婆一人。老婆は男を幻想の中へ呼び寄せ、逢瀬を楽しむ。楽しみのさなか、やがて男も去り、ひとりきりになった老婆はゆっくりと風に身を任せるように去ってゆく。
TOP