The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
藤間勘十郎
藤間勘十郎(FUJIMA, Kanjuro)
1980年東京生まれ。歌舞伎舞踊振付師。日本舞踊宗家藤間流家元。祖父は膨大な振り付け作品を残し、典雅な踊りで高い評価を得た人間国宝の6世藤間勘十郎、母も現在活躍中の歌舞伎舞踊振付師3世藤間勘祖(かんそ)。2002年、22歳で8世勘十郎を襲名。03年芸術選奨文部科学大臣賞新人賞受賞。04年12月、勘三郎襲名を控えた中村勘九郎が主演した『今昔桃太郎』など新作の振り付けも多い。
将門
舞踊 常磐津 “将門”(2004年/石川県立音楽堂)
撮影:山田黎二
pdf
an overview
Artist Interview
2006.3.29
What is a Kabuki furitsuke-shi?   Interviewed Fujima Kanjuro VIII 
歌舞伎舞踊の振付師とは? 8世藤間勘十郎に聞く 
日本舞踊には現在、約200もの流派があると言われている。その中で五大流派と呼ばれているのが、花柳流、藤間流、若柳流、西川流、坂東流である。今回インタビューした8世藤間勘十郎は、歌舞伎の振付師の家系として知られる宗家藤間流の若き宗家だ。藤間流は、江戸時代、藤間勘兵衛が創始したもので、彼が1700年代から続く「勘十郎」の名を継いだのは22歳の時。歌舞伎の舞台を裏で支える演出家であり、舞台監督でもある振付師の仕事について、話をうかがった。
(聞き手:奈良部和美)


──残念ながら、現代の日本では日本舞踊よりはクラシックバレエやリバーダンスのほうが話題になるようです。歌舞伎舞踊と日本舞踊の違いがわからない人も多いだろうと思います。初心者向けに教えていただけますか。
歌舞伎は読んで字のごとく、歌あり、踊りあり、技あり。そもそも出雲の阿国が歌舞伎を始めた時は、お能の影響を受けていますから、芝居というよりは踊りが中心だったでしょう。歌舞伎が進化して、せりふが加わり、女形が出来て、三味線が入って、現在行われている歌舞伎舞踊の形になったのは江戸時代ですが、歌舞伎のもとは阿国の時から踊り。今も歌舞伎の所作、動きの基本は踊りです。長唄や清元など三味線音楽が流行りだして、歌舞伎の人気が高くなると、素人さんがやりたがったり、花柳界ではお座敷芸で歌舞伎のような躍りをやるようになる。そうなると一般の方に教える人が必要になります。歌舞伎は男にしか出来ませんが、踊りの腕の立つ女の人が師匠になって、日本舞踊というジャンルが出来てきたのだと思います。

──勘十郎さんは職業を尋ねられると、どう答えられますか。舞踊家ですか、振付師ですか。
振付師ですね。今、25歳なので、若手ナンバーワンの振付師と名乗っています。私以外に若手はいませんから(笑)。だいたい我々の世界で若手というと50歳以下を指しますが、30歳代、40歳代といっても誰もいませんから、若手ナンバーワンじゃなくて、若手オンリーワンなんです(笑)。

──歌舞伎は、400年の歴史の中で、役者が演技の型をつくり、代々伝えてきたと思います。振付師はどんな役割を果たすのですか。
みなさん誤解されていることが多いのですが、歌舞伎舞踊の型、いわゆる振り付けは役者さんの家に残っているのではなく、私ども踊りの家に伝えられているものなのです。例えば、役者さんが来月の歌舞伎座で『京鹿子娘道成寺(きょうがのこむすめどうじょうじ)』を踊ることになるとします。『道成寺』の振りは勘十郎家のものでと決まりますとお稽古にみえる。そこで振り付けをおさらいした後、代々歌舞伎役者の家の方の場合は、例えば父上から「僕の時はこうやったよ」と教わるわけです。つまり、基本的な振りを教えるのはあくまで振付師の役割なんです。

──教える振りは役者さんによって違うものですか。
違います。役者さんはそれぞれ体型もちがえば癖も違うといったように十人十色なので、それに合わせて振り付けも変えます。祖父の6世勘十郎は、よく「振り付けはひとつじゃない。自分でつくればいい、それが振付師だ」と言っていました。つまり、こうでなければならないという型はないということです。
25歳の役者が65歳の役者と同じように動いたら、お客さんは何をゆっくりやっているのかと思うでしょうから、役者さんが良く見えるように動きを加えます。70歳の方にはゆっくり動くだけで円熟味を感じるように振り付けます。つまり、どの役者さんが踊っても役者が映える、踊りの名手に見えるようにするのが振付師の役目です。
もちろん、役者さんの性格や癖も把握しておかなければなりません。役者の癖を踊りに取り入れるのは祖父が始めたことですが、そのきっかけをつくったのは美男子で名高い15世市村羽左衛門さんだったそうです。羽左衛門さんが6代目中村菊五郎さんを相手役に歌舞伎舞踊の大曲『将門(忍夜恋曲者)』を踊ったのですが、名優の競演なのにさっぱり客に受けない。「おめえの振りが悪いから拍手がこない。受ける振りを考えろ」と、羽左衛門さんに怒鳴られて、祖父が「明日までに」と答えましたら、「今ここで考えろ。それが出来ないなら死んじまえ!」と言われて。祖父は困って、思い出したのが羽左衛門さんの癖です。羽左衛門さんはお芝居の時、両手を胸の辺りで左右に振る癖があったらしいんです。それを踊りに取り入れたら、次の日の舞台はすごい拍手だった。以来、羽左衛門さんは祖父を信頼してくれたそうです。
 
| 1 | 2 | 3 |
NEXT
TOP