The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
伊藤キム
伊藤キム(Kim Itoh)
振付家・ダンサー
1987年、舞踏家・古川あんずに師事。90年、ソロ活動を開始。95年、ダンスカンパニー「伊藤キム+輝く未来」を結成。「日常の中の非日常性」をテーマにした風刺と独特のユーモアを交えた作品を発表。
96年、『生きたまま死んでいるヒトは死んだまま生きているのか?』でバニョレ国際振付賞を受賞し、活動の場を海外にも広げ、その後は、ほぼ年1作のペースで新作を発表。国内に加え、フランス・ドイツ・イギリス・スペイン・アルゼンチン・オランダ・アメリカ・カナ ダ・デンマーク等にて公演されている。
2001年、海外から招聘したカウンターテナー歌手兼ダンサー2名と室内楽演奏家5名に振 付・演出し、伊藤キム本人も出演した『Close the door, open your mouth』(製作: 新国立劇場)、カンパニー作品『激しい庭』(共同製作:世田谷パブリックシアター・ びわ湖ホール)を発表し、第1回朝日舞台芸術賞において、清新な活躍を見せた個人・ 団体に送られる寺山修司賞を受賞。
劇場内での公演に加え、03年より、『階段主義』と題し、「階段」という日常的な空間に身体を放り出すことをコンセプトに、パブリックスペースを活用した新たなダンス・パフォーマンスの演出を開始し、これまでに大阪、高知、神戸、東京、佐世保、広島、岩手の7都市にて公演した。
05年、「愛地球博」の前夜祭パレードで総合演出をつとめる。白井剛氏とのデュオ『禁色』、カンパニー作品『未来の記』を発表。05年から06年にかけ、バックパックを背負って半年間の世界一周の旅に出る。07年春より「伊藤キム+輝く未来」から「輝く未来」にカンパニー名称を変えて新たな形態でカンパニーを再始動する。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood
-Miyuki/3773/


『蝿の王』
撮影:山中隆史


『生きたまま死んでいるヒトは死んだまま生きているのか?』
pdf
an overview
Artist Interview
2006.10.20
Kim Itoh, the cross-over dancer who redefined butoh and contemporary dance in the 90s, looks to the future  
舞踏とコンテンポラリーの90年代を築いた越境のダンサー 伊藤キムのこれから  
96年のバニョレ国際振付家賞受賞後の10年、その活動に誰もが注目してきたアーティスト、伊藤キム。ダンスカンパニー「伊藤キム+輝く未来」を主宰し、ソロ活動やワークショップなど、日本のコンテンポラリーダンスの中で常に先頭を走ってきた。2005年に『禁色』を発表した矢先、世界をめぐる旅に出た彼は、自らの新たな意欲に目覚めて帰国。創作活動を休止すると宣言したキムの胸中とは?
(聞き手:石井達朗)



――ダンスと関わるようになったのは、いつどんなきっかけがあったのですか。
中学、高校ではロックバンドで音楽活動をやっていたし、大学は社会学専攻だったので、踊りとは無縁でした。それまでに身体を動かすことでやったことがあるとすると、中学の部活の器械体操ぐらいですね。大学生のときには一人芝居のイッセー尾形や第三舞台などの演劇を見ていました。そのころサークル活動で世界中の民俗芸能の上演活動をやっている芸能山城組に入り、1年ほどケチャなどをやっていたこともあります。

山城組をやめてから、何か舞台関係のアルバイトはないかと探していたところ、新宿に「モダンアート」というストリップ劇場があって、雑用係をすることになりました。
そこは70年代に寺山修司が芝居をやったり、パンクバンドがライブをやったり、流山児祥がショー的なものをやったり、ストリップ劇場というよりも当時のアングラの拠点のひとつでした。70年代の空気にちょっとしたあこがれもあって、アングラのにおいがぷんぷんするその環境はとても居心地がよかったし、刺激的でした。

そこのストリップショーはトップレスだけのレビューで、踊り子さんには過激さよりも芸を求めていたせいか、お客さんが少なかった(笑)。踊り子さんの数も少ないし、休憩時間が長くて舞台が空いていたので、踊っていいですか、と店長に聞いたら、いいよって。いいかげんですよね。それで、テープをかけて10分ぐらい一人で踊ってみた。踊り子さんたちに刺激されていたし、一応ストリップ劇場だから男女の区別がつかないユニセックスな衣裳を着けて踊ったら、これがお客さんに受けて拍手が来た。「おお、これはいいな」と思ったのが舞台デビューです。それが85年ごろ、20歳ぐらいのときです。

――そう言われればキムさんの作品には、ストリップ劇場のショーケース的な、「見せますよ」という踊りがけっこういろんなシーンで挿入されてくるような気がします。拍手の味が忘れられなくてそこから抜けられなくなったんでしょうか(笑)。
そうですね(笑)。僕は、コンテンポラリーダンスとか何とかじゃなくて、そういうすごく下世話な、泥臭いところの出身だという意識がありますから。あの頃も、酔客を前にいかに楽しませるか、そういうことばっかり考えていました。それはすごく楽しかった。

――現在の伊藤キムを形作るのに、もっとも影響力があったのは舞踏家の古川あんずさんだと思います。彼女と出会っていなかったら、今のようなキムさんのスタイルはなかったかもしれません。彼女との出会いはどんなふうだったんですか。
高校生のころたまたまテレビで放映された山海塾の公演を見て「これはなんだろう」と思ったり、大駱駝艦を舞台で見たりしていました。そういう興味を見出されたのか、大学のときにそのストリップ劇場にいた踊り子さんのひとりに古川あんずさんがワークショップをやっていると紹介されたんです。行ってみたら勅使川原三郎のワークショップもやっていて、興味もありましたが、あまりに混雑していたので、何度か参加したけれど続ける気にならなかった。もし、そっちに参加していたらミニ勅使川原みたいになっていて、今の僕はなかったかもしれませんね(笑)。あんずさんのワークショップを受けて、それまで舞踏にもっていたドロドロしたイメージじゃなくて、舞踏にはもっと軽妙でコミカルな部分もあることを知りました。そのまま90年まで3年ほど彼女のカンパニーにいました。

――あんずさんのスタイルが、キムさんの身体に合っていたのはどういう部分ですか。
何て言ったらいいのかな、彼女の踊りは情熱的でありながら、ものすごく冷静。彼女は作品を突き放してつくれ るところがある。

――それは確かに、伊藤キム作品に継承されていますね。その後、キムさんが自分のカンパニーを創設(95年)するまで数年の年月がありますが、その間はどんな活動をしていたのですか。
4、5年間ほどフリーのダンサーとしてあちこち出演したり、小さい舞台でソロを踊ったりしていました。H・アール・カオスの前身となるカンパニーで大島早紀子さんの舞台に出たり、中村隆彦さんらの現代舞踊協会系のモダンダンスの公演に客演したこともあります。あんずさんのカンパニーで一緒に踊っていたドイツのグループに客演をしたり、他には、写真家や音楽家とのコラボレーションもやりました。

――1995年に自身のカンパニー「伊藤キム+輝く未来」を旗揚げして、そのあと10年間にわたり舞踏というジャンルの中だけでなく、広くコンテンポラリーダンスの世界で中心的な活動が始動します。旗揚げの作品は何だったんですか。
ウィリアム・ゴールディングの小説『蝿の王』をモチーフにした作品で旗揚げしました。その頃にバニョレ国際振付賞のことを知り、周囲からの勧めもあって、96年に『生きたまま死んでいるヒトは死んだまま生きているのか?』を出品しました。

――『生きたまま死んでいるヒトは死んだまま生きているのか?』は、日本のダンス界に非常にアピールしました。笠井叡、山崎広太のいくつかの作品のように、90年代に舞踏とコンテンポラリーダンスの境界を消去しながら、ダンス作品としての強度を獲得していった作品の一つです。タイトルがとてもユニークですが、生と死のイメージがつきまとう「舞踏」を意識していましたか。
特に意識していたわけではありませんが、当時は近年の作品より舞踏色は強かったと自分でも思います。

これは僕自身も実感している事ですが、都会に住んでいる人たちはいつも自分を殺して生きていると思うんです。例えば、満員電車で隣に知らない人がいると、じっと直視することはできないでしょ。じっと見たり話しかけたりするのは変人と思われるから、自分の周りにシャッターを下ろして、外界からシャットアウトして物みたいになって立っているしかない。僕自身、あまりオープンな方じゃなくて、人と関わらない方が楽だし、「ああ、俺はこういうことが楽だと思うんだな」という実感は、現代に生きている人に共通している要素じゃないでしょうか。

そういうようなことを考えて踊りをやっていた時に、丸谷才一が「今の日本人は生きているか死んでいるかよくわからない」とどこかで書いているのを読み、その通りだと共感して、このタイトルを思いつきました。ちゃんと息もしているし、心臓も動いていて身体はあるんだけど、存在を消せるという身体。それは果たして生きているのか、死んでいるのか。もちろんそんな身体についての考え方だけでは作品にはなりませんから、美術や音楽、ビジュアルや空間、時間的な流れがどうなっているのか、そういうことをあれこれ考えながら作品をつくりました。

僕は、空間的にも時間的にも「構成」をするのが踊りだと思っていますから、身体そのものをいじるよりも、ある空間があって、どこに人がいるのか、どのぐらいの時間でどこに移動するのか、どういうルートをたどって動くのか、その速度とか、立っているのかものすごく時間をかけて座るとこうなるといった身体の状態とか、そういう空間構成、時間構成を考えるのが好きなんです。

そこは、舞踏とかコンテンポラリーダンスといったジャンルの違いとは関係ないし、まあ、そういうジャンルの違いも僕にはよくわかりませんが……。
 
| 1 | 2 | 3 |
NEXT
TOP