The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
「トヨタコレオグラフィーアワード2004─次代を担う振付家賞受賞」東野祥子が率いるBaby-Qの作品『ALARM!』(2004年)


Artist aAn Ovewview.
2004.12.6
The Most Recent Trends in Contemporary Dance TSUBOIKE,Eiko(Director of Institute for the Arts)  
コンテンポラリーダンスブームを紐解く  
舞踏と一線を画したコンテンポラリーダンスの興隆
日本のダンスシーン(日本舞踊、民俗舞踊を除く)は、クラシックバレエ、モダンダンス、土方巽を創始者として1959年に生まれ、海外で高い評価を得ている舞踏、既存のメソッドと一線を画し、アーティスト個々人がオリジナルな身体表現を追求しているコンテンポラリーダンスの4つの流れによって構成されている。
舞踏は、世界最高齢の舞踏家である大野一雄が車イスに頼りながらも踊り続けている他、パリ市立劇場で2年に一度新作を発表し、世界ツアーを行なっている天児牛大率いる山海塾、2002年に30周年を迎えた大駱駝艦、即興ダンサーとしてだけでなく、振付家としても活躍している笠井叡など、今も第一世代を中心にシーンがつくられている。
第二世代としては、長野県でジャンルを越えた「ダンス白州」を主宰している田中泯、個人での活動を行なう傍ら、89 年にダンスカンパニー枇杷系を設立し、若いダンサーを育ててきた山田せつ子(現・京都造形大学助教授)、舞踏手として高く評価されている室伏鴻などが目に付くものの、舞踏のジャンル全体で見ると、新しい才能が次々に台頭するといった状況ではなくなっている。
それに変わる動きとしてでてきたのが、コンテンポラリーダンスの興隆である。舞踏によって開拓された身体表現の可能性を新展開し、ポスト舞踏の才能として注目された勅使川原三郎が、86年にバニョレ国際振付家賞を受賞。ヨーロッパで成功したのをきっかけに、コンテンポラリーダンスに注目が集まる。加えて、80年代半ばから、バブル経済下の円高により、それまで経費的に難しいとされてきた舞台芸術の招聘が盛んに行われるようなる。当時、世界をリードしていたヨーロッパのヌーベルダンスが、オペラやミュージカルと並んで招聘され、マスコミでも話題となる。こうした来日公演により、これまで日本には存在しなかったコンテンポラリーダンスの観客層が開拓され、現在のブームへと繋がっていく。
バブル経済崩壊後も、海外の有名カンパニーの招聘に意欲的に取り組んでいる彩の国さいたま芸術劇場を筆頭に、神奈川県民ホール、びわ湖ホールなどの公共劇場が新たな担い手になり、ピナ・バウシュ、ウィリアム・フォーサイス、イリ・キリアン、フィリップ・ドゥクフレなど世界の一流アーティストの作品が見られる環境が続いている。
こうした世界のコンテンポラリーダンスの刺激も加わり、90年代には、勅使川原に次いでバニョレ国際振付家賞新人賞を受賞した伊藤キムのカンパニーや、独特の美意識に彩られたアクロバティックなパフォーマンスによりNYタイムズのダンス・オブ・ザ・イヤーを受賞し、世界に活動の場を広げているH・アール・カオス、ダンスという枠に捕われない自由な発想とユーモアが信条のイデビアン・クルー、マイムを新展開した水と油、学生服姿の男ばかりの踊りとコントでエンタテイメントとして大成功を収めているコンドルズなど、シアトリカルなパフォーマンスで人気を集めるカンパニーが登場する。
2000年代に入ると、公的な支援や民間企業の支援もあって同時多発的にはじまったフェスティバルや賞を通じて、60 年代生まれ、70年代生まれの新世代アーティストが次々に台頭。多彩な個性を競い合い、80年代の演劇界に見られた小劇場演劇ブームに相応する活況となっている。
 
| 1 | 2 |
NEXT
TOP