The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
佐東範一
佐東範一(SATO, Norikazu)
data
NPO法人 Japan Contemporary Dance Network(JCDN)
http://www.jcdn.org/
Presenter Interview
2005.10.22
A look into the activities of the JCDN, a pioneering arts NPO dedicated to getting out information about the Japanese contemporary dance scene.  
日本のコンテンポラリーダンスの情報源 アートNPOの草分けJCDNの活動とは?  
日本では、1998年に「特定非営利活動促進法」が施行されたのを機に、芸術文化の領域でもNPO法人が設立され、様々な活動を行うようになってきた。そうしたNPO法人の代表的存在であり、2001年に設立されて以来、コンテンポラリーダンスの領域において情報発信や全国巡回公演のシステムを立ち上げるなど、重要な役割を担っているのが「ジャパン・コンテンポラリー・ダンス・ネットワーク(JCDN)」である。「社会とダンスの接点をつくる」をミッションに掲げたJCDNの活動について、代表の佐東範一氏に聞いた。
(聞き手:土屋典子)


──なぜ、JCDNの設立を思い立ったのですか?
私は1980年から1994年までの15年間、舞踏手兼制作者として京都の舞踏カンパニー、白虎社に所属していました。1994年にグループが解散したのですが、その後の2年間、舞台とは全く関係のないところで仕事をした。そのときに初めて一般の人たちが芸術、とくにダンスと全くかけ離れたところで生活をしていることを実感しました。
その後、知人の紹介でニューヨークのNPO「ダンス・シアター・ワークショップ(DTW)」に出会い、1年間ですが、DTWの部署のひとつ「ナショナル・パフォーマンス・ネットワーク(NPN)」のインターンとして働きました。そこで彼らが「社会とダンスを繋げる様々な方法をいかに生み出していくか」「ダンスを社会の中でどう広げていくか」という視点で、ワークショップなど様々な取り組みを行っていることを知りました。私がカンパニーにいたときは、社会からは外れた存在という認識で、社会と繋がるというよりは、自分たちの表現をいかに社会に認めさせるかに躍起になっていた。そうではなくて、「ダンスは社会にとって有意義である」という発想があることを知り、本当に驚きました。それだけではなく、実際に社会とアクセスする方法論を彼らは持っていた。
ビザが下りなくて97年に帰国する際に、あるダンスの国際プロジェクトに関わったんですが、そこで日本国内のアーティストや制作者、批評家などいろいろなダンス関係者と改めて接した。そうしたら日本のコンテンポラリーダンスには、発表する場も、お客も、情報も少なく、助成金も少ないというないないづくしだということを会う人会う人が言っていた。
でも当時は、伊藤キムさんや山崎広太さんなどの新しい才能が出てきていた時期で、コンテンポラリーダンスの新しいムーブメントが起こっていた。また、ダンスのアーティストを育てて、活動をサポートし、情報を発信している小さなスペースも生まれていました。東京のセッションハウス、横浜のSTスポット、大阪トリイホール(ダンスプログラム終了、現在ダンスボックスに移行)などです。こういうダンスに詳しいディレクターがいて、プログラムを作っているところがあるのだから、NPNで体験したネットワークの発想が今の日本には必要なんじゃないかなと感じました。
それでJCDNの準備室を設立し、セゾン文化財団の助成を受けて、まず全国の状況を調査しようと各地のダンス関係者に会って話を聞きました。その後、東京でJCDNの活動について話し合うミーティングを企画したんですが、30人ぐらいしか集まらないと思っていたら、全国から120人も集まってくれた。これならやれるんじゃないかと、手応えを感じました。

──その話し合いを踏まえてJCDNの活動内容が明確になっていった?
そうです。それで「社会とダンスの接点をつくる」ことをミッションにして、「全国巡回公演のシステムづくり」「アーティストへの制作サポート」「海外とのネットワークづくり」「ダンスに関する情報のオープン化」「情報交換の場づくり」「調査研究・普及活動」を並行して行いながら、これらの活動を相互に作用させてダンスを取り巻く環境を整備していこうと決心しました。
なぜ「社会との接点」をミッションにしたかというと、日本は戦後、経済的には発展したかもしれないが、芸術的なことを排除してきたのではないか、という問題意識があったからです。97年に神戸で日本中を震撼させた、中学生が小学生を殺傷した「酒鬼薔薇事件」が起こり、それをニューヨークで知ったときには本当にショックでした。日本という国はここまで来てしまったのか、競争社会の結果のような気がして、これまで芸術が何か世の中のはずれものか、ぜいたく品のように思われてきたけど、これから日本を救うのは芸術なんじゃないかと真剣に思いました。その思いが原点になっているような気がします。
ダンスは言葉や道具を使わずに、自分自身の身体を使って表現しコミュニケーションする、他の芸術にはない特徴を持っています。“自分を見つめる力”“自己表現力”“他者との関係性を創る力”、これらがダンスを形づくっています。これらの力は人間が生きていく上で不可欠な“生命力”であり、現代社会ではこの生命力が希薄になっているのではないか。それならば、ダンスの持っている力を社会の中で活かしていくことこそが我々の使命なのではないか、と考えました。
 
| 1 | 2 | 3 |
NEXT
TOP