The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
ニコラス・バーター
ニコラス・バーター(Nicholas Barter)
王立演劇アカデミー 校長
data
王立演劇アカデミー(The Royal Academy of Dramatic Art)
1904年に創設された王立演劇アカデミーは、英国で最も優れた演劇学校のひとつだ。選ばれた学生を少人数制で3年間鍛え、古典劇、ラジオ、テレビ、広告など多様な分野で活躍できる俳優を徹底的に訓練し、サー・ジョン・ギルグッド、ジュリエット・スティーブンソンなど名優を輩出してきた。
■■■■■■■■■■■■■■■
http://www.rada.org/
Presenter Interview
2006.1.31
This interview explores the actor education system at The Royal Academy of Dramatic Art, an institution with a 100-year history 
100年の歴史をもつ王立演劇アカデミーの俳優養成システムとは? 
ロンドンの大学街ガワー通りにある「王立演劇アカデミー」は、シェイクスピア劇の制作で大評判を得た気鋭の俳優マネジャーのハーバート・ビアボエム・ツリーが、1904年、ウェストエンドのヒズ・マジェスティ劇場内に創設した演劇学校だ。翌年から現在の場所に移転し、サー・ジョン・ギルグッド、ケネス・ブラナーなど古典に強い名優や舞台美術家・舞台技術者を1世紀にわたって育ててきたことで知られる。1993年にニコラス・バーター氏が校長になってからは、日本でワークショップを行うなど日本との交流にも力を入れている。バーター氏に英国における俳優養成の現状などを聞いた。
(聞き手:菅 伸子)


──王立演劇アカデミーは英国を代表する俳優養成学校のひとつです。各国で俳優養成のシステムは違うと思いますので、最初に英国で俳優がどのように養成されるかについて話してください。
英国には俳優と舞台技術者、演出家、舞台美術家を養成するための特別の演劇学校が、全部で22校あります。これらの学校は演劇学校協議会(The Conference of Drama Schools)という組織に属していて、この団体に加盟しているすべての演劇学校に高い教育水準を設定しています。他にもここに所属しない小さな学校がたくさんありますが、一般にこの団体に加盟している22校が、優れた演劇学校だと考えられています。だいたいの学校には3年間の養成コースがあります。ここ10年の間に、これらの学校はかつての成人学級(further education)から高等教育へと移行し何らかの形で大学とつながっていますが、俳優養成は基本的に職業訓練だとみなされていて、学術的コースではありません。
また、これまで美術とデザイン、音楽のためのコンセルバトワール(芸術学校)はありましたが、演劇についてはありませんでした。2001年に演劇とダンスのための芸術大学が、初めて英国に作られました。コンセルバトワールは3つの演劇学校と4つのダンス学校とサーカス訓練校1校からなり、生徒は高等教育基金カウンシルがら相当な奨学金を支給されています。
現在、英国では各演劇学校で似たような訓練を行っているので、養成された俳優の多くは、他の演劇学校で訓練を受けた俳優と楽に仕事をすることができます。

──RADAにはどんなコースがありますか?
3年間の俳優養成学位コース、2年間の舞台技術と呼ばれる基本的なステージ・マネージメントの学位コースがあります。小道具作りや衣装、木や金属を使った背景制作、背景美術、照明デザイン、舞台の電気関係など1学期から1年の短期コースが5つ、1年間の演出コース、それから2年間の舞台美術のコースがあります。大体のコースは生徒が2〜3人のみの小さなコースです。

──RADAには脚本家コースはないのですか?
脚本家にはしばしば大学の演劇科を出た人がいますが、脚本家になるのに常道といったものはありません。RADAはロンドン大学のキングス・カレッジで修士コースを13年前から教えていますが、この修士コースには脚本を書くといった要素が含まれています。また、RADAの現代劇のクラスでは、生徒に書くように勧めています。脚本家コースはありませんが、学内で新作劇を書く機会は設けています。

──毎年新入生は何人ぐらい入りますか?
新入生は160人です。そのうち俳優コースは男子16人女子16人の計32人ですが、32人の定員に対して昨年は2300人の申し込みがありました。申込者は18歳から30歳までと多様で、毎年11月から6月にかけて4つの段階を経て選びます。まず、第1段階はシェイクスピアと現代劇のせりふで、俳優と演出家など2人が短い口頭試問を行います。第2段階はシェイクスピアと現代劇のせりふと歌唱で、校長などを含む4人による長い口頭試問が行われます。第3段階では18人のグループが呼ばれ、6人ずつ3組にわかれ、シェイクスピア、チェーホフ、せりふのワークショップを各1時間行います。第4段階では、16人が1日かけてムーブメント、発声、即興などの授業を受け、せりふを生徒と職員がいっしょに聞いて、最終選考を行います。

──入学後、俳優養成は実際どうやって行うのですか?
入学して1年間は主にクラスで勉強しますが、個々の学生は発声の先生から個人レッスンを受け、この訓練が3年間続きます。せりふ、地方なまり、アクセントとともに標準的な英語の話し方も学びます。アレキサンダー・テクニック、舞台の上での動き方、武器を使ったりあるいは武器なしでの戦闘場面の練習、歌唱の個人レッスン、コーラス歌唱などの各レッスンが、スタニスラフスキー・システムの演技レッスンによって補われます。
コースが進むにつれて、学生はプロジェクトを開始し、2学期の末にはリアリスト・プロジェクト、3学期には時代劇のダンス・プロジェクトやシェイクスピア・プロジェクト、4学期目は学内での詩の朗読、5学期目にはヤコビアン期の演劇と武闘の練習やテレビ・ラジオ出演のための練習、6学期目にはラジオ放送用の訓練や1660年の王政復古期の演劇の練習などを行います。6学期目の最後は2年生最後の時期にあたりますが、ここで初めて一般の観客の前で公演を行います。若者向けの劇を、若者に向けて公演します。
3年生になると、1学期に2つの劇を学外のプロの演出家や舞台美術家を呼んで制作し、2学期も同様に2つの劇を制作しますが、3学期目には将来仕事をくれるかもしれない演劇エージェントやキャスティング・ディレクター、地方劇場の芸術監督を呼んで、彼らの前で学生が2分のせりふや4分の演技を見せて売り込み、卒業制作の舞台にとりかかります。

──学生は主として英国人ですか?
外国からの留学生もいますが、学生の大半は英国人です。俳優養成コースでは、毎年2人ほど留学生を受け入れていますが、米国、カナダ、オーストラリアなど、英語が母国語の学生です。舞台技術系は英語が完璧でなくても受講できるので、日本人の舞台マネジャーや小道具も何人か受け入れましたし、ノルウェー、スイス、フランス、ドイツ、韓国といった留学生も入学して国際的になっています。

──卒業後すぐに仕事は見つかりますか?
卒業生の85%が、卒業後3カ月以内に仕事を見つけています。学校としては卒業し次第プロとしての仕事が見つかればと思っていますが、日本のように劇団に入団するシステムと違って、王立演劇アカデミーの卒業生はフリーとして仕事をするので、テレビの仕事が1本、ラジオが1本、演劇が1本、映画が1本という感じになります。だから、俳優がエージェントを持つことが非常に有用なのです。卒業生は常に仕事の綱渡りしているわけですから。最近行った調査では、当校卒業5年後も75%の卒業生が定期的に俳優の仕事をしていることが分かっているので、大半の卒業生がプロの俳優として働いているのだと思います。
 
| 1 | 2 | 3 |
NEXT
TOP