The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
文慧(ウェン・ホィ / Wen Hui)
文慧
(ウェン・ホィ / Wen Hui)

Photo: R PRODUCTION
呉文光(ウー・ウェングアン / Wu Wenguang)
呉文光
(ウー・ウェングアン / Wu Wenguang)

Photo: R PRODUCTION
草場地ワークステーション
写真1.草場地ワークステーション
http://www.ccdworkstation.com/
右手が草場地ワークステーションの主な建物。中央は映像スペース
Photo: 毛然
草場地ワークステーション
写真2.草場地ワークステーション
敷地奥から入り口側を臨む
Photo: 毛然
草場地ワークステーション
写真3.資料室を兼ねたミーティングルーム
Photo: R PRODUCTION
草場地ワークステーション
写真4.パフォーミングスペース
Photo: R PRODUCTION
草場地ワークステーション
写真5.事務室
Photo: R PRODUCTION
草場地ワークステーション
写真6.食堂
Photo: R PRODUCTION
Presenter Interview
2008.3.31
Pioneers of China's contemporary independent arts scene   Caochangdi Work Station 
現代中国のインディペンデント・アートの草分け 北京・草場地ワークステーション 
今、中国で少数ながらも台頭しつつある舞台芸術のインディペンデント・アーティストたち。ダンサー・振付家の文慧(ウェン・ホィ)と映像作家、呉文光(ウー・ウェングアン)は、その草分け的存在だ。今、世界的な注目を集めている北京郊外の798芸術地区の近く、草場地という村に、2005年に念願の活動拠点「草場地(ツァオチャンディー)ワークステーション」をオープンした。自らの活動で使用するに留まらず、同志であるインディペンデント・アーティストにも開放することを方針にしている。ワークショップやフェスティバル、若手アーティストを支援するプロジェクトなど数々の活動を展開し、国内外の注目を集めている。設立に至る経緯と活動について現地で話を聞いた。
(インタビュー・文 菊池領子:R PRODUCTION代表・文化事業プロデューサー)


──まずは、草場地ワークステーション設立の経緯を簡単にお聞かせください。
文慧(ウェン・ホィ):
 草場地ワークステーションは、1994年に始めた私たちの活動の延長線にあります。当時、私は東方歌舞団の振付家でした。東方歌舞団は中国屈指のダンサーの集まる、文化部直轄の大舞踊団です。でも、そこでの表現に飽き足らず、自分たちの日常生活を反映した作品を創りたいと思い、当時すでにテレビ局を離れフリーランスの映像作家として活動していた呉文光(ウー・ウェングアン)とプライベートで「生活舞蹈工作室」という名の活動を始めました。名前から察すると芸術団体を設立したように思われるかもしれませんが、そうではなく、これは当時の自分たちの表現活動自体を指したものです。2人だけでしたし、作品を発表するときに使ったのがこの名前でした。
 活動が継続し、作品の発表機会が増えるにつれ、生活舞蹈工作室はインディペンデントの製作・上演団体として認知されるようになり、私たちの活動を支持する人達も出てきました。そのひとりが、ここを提供してくれた友人です。この草場地(ツァオチャンディー)の土地建物を借りて改修し、自分の経営する会社の事務所以外の空間を私たちに無償で提供してくれました。こうして2005年4月に活動拠点が完成し、「草場地ワークステーション」と名づけました。

──友人の会社というのはどんな会社ですか。
呉文光(ウー・ウェングアン):
 モーターショーなどの展示会の企画・設計を手がけている会社です。草場地ワークステーションのある借地全体で年間25万RMB(約360万円。約15円/1RMB)かかるのですが、それを彼らが全て負担しています。こういうと、大企業だと思うかもしれませんが、実はわずか2名の小さな会社です。要は人、人徳でしょう。大企業だからといって出来ることではありません。中国では企業が私たちのようなインディペンデントの芸術活動を支援する習慣はありませんから、彼らのような支援を行う企業はごくわずかです。その上、彼らはきちんと立場をわきまえていて、特別な要求をすることもありません。私たちが稽古場や劇場を必要としていることを理解し、心から支援してくれているのです。

──草場地ワークステーションはどのような施設ですか。
文:私たちにとっては自分の表現をどこまでも追及できる実験室みたいなところです。また、自分たちが使うだけでなく、環境や情報が十分でないインディペンデント・アーティストにも提供しています。とはいえ、公共劇場や娯楽施設とは違いますから、入り口に目立つ看板は出していません。中庭を囲むように建物が建ち、住まいと創造のための空間が一体となっています(写真1・2)。
 施設は、映像のためのスペースとパフォーミングスペースがあり、それぞれ作品製作から、ワークショップ、上演から座談会まで一連の内容が開催できます。また、いま私たちが話をしているこのスペースは、国内外のダンス、演劇等の映像資料及び書籍が1000部以上も収集されている図書室です(写真3)。奥にあるパフォーミングスペース(写真4)は、雛壇式の観客席や照明機材等、時間をかけて少しずつ整えました。観客席は160名ほど入ります。更にその奥に事務室があります(写真5)。映像スペースは門を入って正面に見える建物です。それから、この建物の入り口の方に食堂(写真6)があります。大学の学食を小さくしたみたいでしょう。私たちの住まいは、この建物の2階です。海外のアーティストが来る時は、タクシーで5分、バスで2駅ほどのところにある大山子(ダーシャンズ)というエリアに提携しているホテルがあり、そこを案内しています。

──草場地ワークステーションの目指すのはどんな空間、どんな作品ですか。
呉:いわゆる演劇やダンスではない、様々な芸術的要素が融合した作品を創造する「コンテンポラリーシアター」です。生活舞蹈工作室が手掛けている作品も、既成概念のダンスではなく、身体表現と言語や音楽等、様々な要素の融合した総合芸術ですから。また、私たちが重視するのは、日常生活における現実を見つめることで、芸術のための芸術といえるような作品を創ることではありません。自分の身の回りで起きた出来事や感じたことを題材にしながら、共感を呼ぶ作品創りをする空間を目指しています。

──草場地ワークステーションのスタッフは何人ですか。
呉:フルタイムのスタッフは私たち2人を含めて10名です。皆ここが気に入り集まってきたスタッフで、いわゆる雇用関係とは違います。休館日や勤務時間という概念はありません。世間からみたら変わり者の集まりでしょうね。80年代生まれの若者が中心です。公演を行う時は更に臨時スタッフを集めます。また、閑散期は、わずかな費用を払ってここに寝泊りしながら創作活動をするアーティストがいます。
 
| 1 | 2 | 3 |
NEXT
TOP