Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
カルースト・グルベンキアン財団
data
カルースト・グルベンキアン財団
Calouste Gulbenkian Foundation


Address:
Av. de Berna, 45A, 1067-001 Lisbon
Phone: +351 217 823 000
info[at]gulbenkian.pt
https://gulbenkian.pt/en/
Arts Organization of the Month今月の支援団体
2019.1.28
カルースト・グルベンキアン財団 
 アルメニア出身で英国国籍の石油王で実業家のカルースト・サルキス・グルベンキアン(1869〜1955)の遺志により56年に設立されたポルトガル屈指の私設財団。カルースト・グルンベキアンは、中東の石油資源を初めて西欧諸国に輸出した人物として知られる。国際的にビジネスを展開した彼は、第二次世界大戦中、42年にリスボンに移住し、ここを活動拠点とした。
 この財団は、芸術、科学、チャリティ、教育を通した人々のクオリティ・オブ・ライフの改善を目的とする。すべての人々に平等な機会を提供することをミッションに掲げ、本部リスボンを中心に、パリ及びロンドン支部、ポルトガル語を公用語とするアフリカ諸国(PALOP:Países Africanos de Língua Oficial Portugesaの略称)と東ティモール、またアルメニア・コミュニティがある諸国と連携している。
 グルンベキアンの6400点以上に及ぶ個人コレクション(古代の美術工芸品から西洋絵画の名作、親交のあったラリックのガラス工芸など多岐にわたる)をもとに、1969年、広大なカルースト・グルベンキアン庭園内にグルベンキアン美術館を開設(現代ポルトガルのアーティスト作品を収集した別館がある)。庭園内にはコンサートホール、図書館、グルベンキアン科学研究所などが設置され、豊富な資金によってグルベンキアン管弦楽団、リスボン・グルベンキアン合唱団、グルベンキアン・バレエを有して活発な活動を行う。
 また、奨学金による個人への支援、団体に対する助成に加え、パイロットプロジェクトを展開。2018年から2022年度の5年間は、1.社会的融和と統合性、2.サスティナビリティ、3.知識の3つのテーマに対して優先的な支援が行われる。これらのテーマは、グルベンキアンが支援するすべての研究、助成、創造において求められる。
 
TOP