Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
サイム・ダービー財団
data
サイム・ダービー財団
Yayasan Sime Darby


Address:
19th Floor, Wisma Sime Darby,
Jalan Raja Laut,
50350 Kuala Lumpur,
Malaysia
http://www.yayasansimedarby.com
Arts Organization of the Month今月の支援団体
2017.1.18
サイム・ダービー財団 
 マレーシアを拠点に置く多国籍複合企業サイム・ダービー社が、造林業、不動産業、工業、エネルギー業などの大規模ビジネスのかたわら運営する大規模慈善団体。支援する活動は、[1]教育、[2]環境、[3]地域と健康、[4]若者とスポーツ、[5]芸術文化の5部門。すべての支援は「地域の人びとの暮らしへのサステイナブルな影響と変化を与える」ことを活動指針とし、2012年には慈善活動30周年を迎えた。特に教育部門では過去30年に渡り、学問に秀でリーダーシップの素質のある2,500人以上の学生たちにYSD奨学金を与えてきた。奨学金はマレーシア国籍のみならず、サイム・ダービーの支社が置かれる、インドネシア、リベリア、パプアニューギアの学生も対象となっている。
 芸術文化部門では、マレーシア各地域における多文化社会・多国籍社会を発展させるプロジェクトを対象とし、中でも地域に根ざした芸術が国際的に認知されることを目指す舞台芸術と、マレーシアの豊かな伝統芸能の保存に力を入れてきた。2016年度には、第7回ジョホールバル・アート・フェスティバルの開催運営、ASWARAの学生たちによる国内ツアー、バラタナティヤム(南インド古典舞踊)の国際的舞踊家マーヴィン・クーのダンス公演などを助成した。
 2014年からはクアラルンプール・パフォーミングアーツ・センター(klpac)を主要会場に「ヤヤサン・サイム・ダービー・アーツ・フェスティバル」を開催。伝統舞踊からコンテンポラリーダンス、古典演劇から実験的シアターまで約350のイベントを開催し、1万5,000人の観客を動員した。2016年度にはさらに規模を拡大し、キッズ、ビジュアルアーツ、音楽、ペンタス・ワヤン(伝統的影絵芝居)などのプログラムを強化。またフェスティバル初日には「Walk to the Future」と題して、未来をテーマにした服飾学生によるファッションパレードも行われた。
 
TOP